« 『怪獣使いと少年』〜帰ってきたウルトラマン第33話 | トップページ | 検索サイト 「Matome マニアのためのまとめ検索」 »

2005.01.23

salyu 『VALON-1』

B00023GSGA.09.MZZZZZZZ 5月11日づけでおススメしたIlmari×SalyuのVALON。あの時はIlmariのラップがあった方がいい、みたいなことを書きましたが、実はその後やっぱりSalyuの唄だけで聴いてみたいなあ、と思っていました。そうしたら、なんと6月にSalyuバージョンが発売になりました。それをようやく手に入れました。
 2004年度の邦楽マイベストです!!
 5月にも書きましたが、私はこういう曲が好きなのです。考えてみるとこういうタイプの曲は日本独特なのかもしれません。洋楽ではこういう曲、ありそうでないんですよ。つまり、私の音楽的感性の根底には、やっぱり日本がデーンとしてある、ということです。特に30歳過ぎた頃から、こういう曲に涙腺を刺激されるようになりました。そんな自分がけっこう好きですよ。ジャズもロックもクラシックも聴きますが、同じ曲を何度も繰り返して聴けるのは、実はこういうヤツなんです。一日中頭の中を回っていてもOK。
 で、Ilmari君には悪いけど、やっぱこっちの方がずっといいや!美しいなあ。小林武史的にもこちらが本来だったのだと思います。和声的にはそれほど目新しいことはしていませんが、メロディのうねり具合が絶妙なのでしょう。それをあの倍音の豊富な声でノンビブラートでやられると、しびれちゃいますね。
 カップリングの『虹の先』も実に面白い転調が仕組んであり、妙な感じがするいい曲です。
 小林武史ってすごいですね。彼のベースにはビートルズをはじめとする洋楽群があるのでしょうけど、そこに微妙な小林武史節が絡んでくる。説明できないけど、さっきの日本的(演歌的)テンポ感、節回し、そして不思議な転調による浮揚感っていうかなあ。それはよく聴くと、サザンやミスチルにも感じられます。もちろんマイラバにも。
 下の「ちょっと聴く」でサビと展開部を聴くことができますので、ぜひご堪能下さい。
 しっかしこのPV、私にはちょっとセンスが理解できませんでした。音だけ聴いた方がいいかもしれません。
ちょっと聴く
Amazon VALON-1

不二草紙に戻る

|

« 『怪獣使いと少年』〜帰ってきたウルトラマン第33話 | トップページ | 検索サイト 「Matome マニアのためのまとめ検索」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2679849

この記事へのトラックバック一覧です: salyu 『VALON-1』:

« 『怪獣使いと少年』〜帰ってきたウルトラマン第33話 | トップページ | 検索サイト 「Matome マニアのためのまとめ検索」 »