« 消せるボールペン(PILOT D-ink) | トップページ | ミスター・ビーン 『メリー・クリスマス ミスター・ビーン』 »

2004.12.24

スキージャンプペア2

B00061I1LI.09.MZZZZZZZ カテゴリ、あえてスポーツにします。
 昨年は本当に大笑いさせていただきました。スキージャンプペア。その発想の意外さと、洗練されたギャグセンス。脚本の上手さ。正直やられたな、と思いました。その第2弾。早速借りて見てみました。
 結論から申しましょう。やっちゃいましたね。世の常に漏れず、やっちゃいました。つまり、やりすぎちゃった、ということです。
 何事でもそうです。一つウケた後の次が大変。そこで冷静さを失ってしまうのが、いわゆる世の常。私も凡人ですからよくやります。調子に乗りすぎて大失敗。特にほとんど偶然というか、本人の予想以上にウケてしまった場合、その次が危険なのです。
 たぶん、処女作を知らないで、2を見たのなら、十分面白いでしょう。しかし、オープニングの前回大会のシーンを笑わず冷静に見てしまう人、つまり前作を堪能してしまった人たちにとっては、2は辛いのでは。
 それこそ私もコントなどでやってしまうのですが、調子に乗っていろいろなアイデアが浮かび出すと危ない。前回を越えなければ、というプレッシャーではありませんよ。そういう時は、すでに自分の中では越えちゃってるんです。ウケた自分を。そこに下ネタが加わったら、もう絶対おしまい。芸人さんもよく陥るワナだそうです。
 調子に乗ってると、その辺の判断装置に狂いが生じるんですよね。これはたぶん、笑いの世界だけではないと思います。スポーツも経営も勉強も…。
 そういう失敗は必ずあるものですが、そこから抜け出せなくなってしまったり、あまりの周囲の態度の違いに自信喪失してしまったり、そんな風だと、まずプロとして成功できませんね。
 過ぎたるは及ばざるがごとしと申しますが、まさにその通り。分をわきまえるということが、いかに大切か教えてもらった気がします。私、今からコンサートなんですが、気をつけます。
 ただ、今回もうならされたことがありますよ。新規企画として。それはスタジオの部分です。なるほど、そのリアルさとCGのウソっぽさとの対比が功を奏しています。特に荻原次晴さんの才能にはビックリ!あれは演技の上手さというべきなのかなあ。あまりに自然なしゃべり。SJPへの愛情がなければ、ああはできません。彼の存在こそ蛇足だという人がいそうですが、私にとっては救いでした。彼をおススメしたいと思います。
Amazon スキージャンプ・ペア(あえてこちらにリンク)

不二草紙に戻る

|

« 消せるボールペン(PILOT D-ink) | トップページ | ミスター・ビーン 『メリー・クリスマス ミスター・ビーン』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2360507

この記事へのトラックバック一覧です: スキージャンプペア2:

« 消せるボールペン(PILOT D-ink) | トップページ | ミスター・ビーン 『メリー・クリスマス ミスター・ビーン』 »