« 『作家と猫』 文藝別冊 KAWADE夢ムック | トップページ | 美輪明宏 ディナーショー »

2004.12.18

チック・コリア&フレンズ 『バド・パウエルへの追想』

B000003OZO.01.MZZZZZZZ 錚々たるメンバーによるバドへのオマージュ。久々に出してきて聴きました。うん、いい!
 まずメンバーを紹介しましょう。
 チック・コリア(p)、ロイ・ヘインズ(ds)、ケニー・ギャレット(as)、クリスチャン・マクブライド(b)、ジョシュア・レッドマン(ts)、ウォレス・ルーニー(tp)
 これだけで、すごさが分かりますね。
 このメンバーで行なったパルテノン多摩でのライヴ映像も見ましたが、演奏の完成度はやはりこちらCDの方が高いと思います。スタジオ録音でも十分ライヴ感あふれていますし。
 しかし、はっきり言ってしまうと、私が感心するのは、その演奏ではありません。では、何に?
 そうです。やはりバドの楽曲の素晴らしさにです。かっこよさにです。
 バド自身の演奏でバドの曲を聴くと、私はついその演奏の存在感に耳を奪われてしまうのですが、こうして違う人の演奏で改めて聴くと、やっぱり作曲家としてのバドの才能に驚かずにいられませんね。
 穐吉敏子の時も、そんなふうに思いました。ただ、穐吉さんの場合は、本当にバドのお弟子さんという感じで、比較的似たようなタッチで弾いていましたから、それほど新鮮な感じはしませんでした。一方こちらはチック・コリアですからねえ。全然タイプが違います。だからこそ、楽曲が際立って聞こえてくるのでしょう。
 さすがチック。かなり斬新なアプローチで現代風にまとめあげています。いろいろなアイデアを駆使して料理しようとしていますが、バドの曲は動じません。バッハとかビートルズといっしょです。違うジャンルにアレンジされても、そのアイデンティティーはゆらがない。名曲の条件ですね。
 チックのオリジナル曲も、バドからインスピレーションを受けてか、なかなかいい曲です。
 最後にあえて演奏のことを一つ。どなたも名手ですので、文句のつけようがありませんが、特に素晴らしいのはリズム隊でしょう。ちょっとつんのめりながら爆走する若いマクブライドを、絶妙の安定感で支える超ベテラン、ロイ・ヘインズ。ジャズ・アンサンブルの妙ですな。
Amazon Remembering Bud Powell

不二草紙に戻る

|

« 『作家と猫』 文藝別冊 KAWADE夢ムック | トップページ | 美輪明宏 ディナーショー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2302594

この記事へのトラックバック一覧です: チック・コリア&フレンズ 『バド・パウエルへの追想』:

» ジャズは難しい!?=〜偏見をぶっこわせ!ピアノ編〜 [これだからジャムは止められない!!]
   さて、前回に続きまして、  今回はピアノの菅沼君に  ジャジーなセッションへの考え方について  ピアニストの視点からの意見を  聞いてみたいと思います!!    ジャズピアノでセッションやアドリブを  バリバリ楽しみたい!!  という方は必....... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 13:01

« 『作家と猫』 文藝別冊 KAWADE夢ムック | トップページ | 美輪明宏 ディナーショー »