« 猫のトランプ『meow playing cards』 Umbra社 | トップページ | 『ネコ族の夜咄』 村松友視, 南伸坊, 小池真理子(清流出版) »

2004.12.29

初雪in富士山麓=戦いの始まり

setarou とうとう降りました。さあ冬本番です。
 富士山の冬は戦いの季節。
 まずは寒さとの戦い。−20℃まで下がります。面白いもので、これだけの厳寒になると、なぜか気持ちいい。
 私など実家のある静岡に帰ると、妙に寒く感じて、コタツでゴロゴロしてばかり。静岡は暖かい…たしかにそうですが、そのため暖房をしないことが多いので、結果として室内は10℃ちょい、ということがよくあるのです。学校にも暖房なかったし。今はあるのかなあ。
 ここは暖房しないと死にます。一応、家は外断熱工法で造られていますので、暖房すれば静岡より快適です。ただ、暖房費とも戦わねばなりません。なるべく床暖房(灯油)は避け、ファンヒーターですませましょう。それでもひと冬5万円くらいかかってるかなあ。今年は灯油が高いですしね。
 暖房費より恐ろしいのが、凍結防止ヒーターの電気代です。富士山で初めての冬、恐ろしいことが起きました。なんと1ヶ月の電気代が10万円を突破したのです!はぁ〜?つまり、最高気温も氷点下なので24時間通電しっぱなしというわけです。これでは本当に死んでしまう。食べ物が買えない!
 そこで命を懸けて探し当てたのが、北海道や長野などでは普及していると聞いた凍結防止ヒーター節電装置です。私のウチのはエヌエス精機(野村工業グループ)の「節電太郎」くん(写真)です。こいつは必需品。うたい文句通り、90%の節電効果がありました。無事電気代も1万円台におさまり、めでたしめでたし。食いつなげる。
 あと、やっぱり雪ですね。7年前の大雪はすごかった。一晩で1m50cm積もりましたからね。2〜3mも珍しくないという秋田の豪雪地帯出身のカミさん(まだ結婚前でしたが)も、一晩でこれだけ積もるということはないそうでまじビックリ。しかし、さすがに彼女の雪かきは手慣れたもので、これは結婚しなくちゃ、と思いました(失礼)。今年はドカ雪の予感がするんですよね。また、ショートスキーで通勤かなあ。とりあえず国道まで3000mのダウンヒルです。
 あと、凍結路ですね。雪国と違うのはここ。晴れることが多いので雪は表面が溶けます。それが夕方再び凍ります。スケートリンクです。スタッドレスでも何回かスピンしました。とにかくスローダウンです。
 それから、仕事上の戦い。受験シーズンです。毎年生徒とともに受験気分を味わいます。自分の受験の時より緊張するんですよね。試験当日も発表の日も。今年もガンバレよ!受験生諸君!

不二草紙に戻る
 

|

« 猫のトランプ『meow playing cards』 Umbra社 | トップページ | 『ネコ族の夜咄』 村松友視, 南伸坊, 小池真理子(清流出版) »

もの」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2405162

この記事へのトラックバック一覧です: 初雪in富士山麓=戦いの始まり:

« 猫のトランプ『meow playing cards』 Umbra社 | トップページ | 『ネコ族の夜咄』 村松友視, 南伸坊, 小池真理子(清流出版) »