« 『こころと経済』 妙木浩之 (産業図書) | トップページ | 『男と女の悲しい死体』 上野正彦  »

2004.11.27

FUNAI DVDレコーダ FDRS-01

hgfftsddd.jpg
 8ミリビデオやVHSビデオの資産たちが数百本あります(数えたことはありません、たぶん千本はないと思います)。その中身は?…ほとんど邦画と自分の演奏会の記録、学校の日常風景、それから全盛期の全日本プロレス中継が大量に。
 最近、それらの劣化が始まっており、なんとかデジタル化しておきたいと思っていました。パソコンに取り込んでDVD化するのは、やってみれば分かりますが、めちゃくちゃ面倒。やっぱりハードウェアエンコードが手っ取り早い…というわけで、その目的にかなったDVDレコーダを探していましたところ、ありました。
 テレビの録画をするわけではありませんから、もちろんハードディスクなんていりません。VHSデッキも8ミリデッキもありますからいりません。でも、シンプルなDVDレコーダというのが、世の中にあまりに少ない。つまり需要がないのです。だいたい無駄な贅沢をしたがる、いろいろな機能をぶちこみたがるのは日本固有の文化ですから、海外製品に目を向けておりました。そうしたら、国内メーカーから出てました(中国製ですが)。渋い!船井電機です。
 フナイは日本国内ではあまり知られていないメーカーです。昔はソニーの下請けなんかをやっておりましたが、ある時期からは自社ブランドで国内市場に進出を始め、ビデオやテレビの分野で価格破壊を起こしてきました。意外に知られていないのですが、北米でのDVDやビデオ関係のハードウェアのシェアは、ここのところずっとフナイがトップです。インクジェットプリンタも2位だとか。
 私も今までいくつかフナイ製品を買っています。それらも値段のわりには安定した品質だったので、今回も迷わず購入しました。ちなみにビックカメラで24000円ちょい。1割のポイントがつきましたから、実質22000円くらいでした。安すぎる!
 さっそくダビングをしてみましたが、画質、操作性ともに問題なく、ワタクシ的には十分合格点を出せます!デザイン(特にリモコン)のチープさは、逆に私の妙なモノセンサーを刺激してグー。さあ、これからダビングしまくるぞ!…って何年かかるんだろう…。

不二草紙に戻る

|

« 『こころと経済』 妙木浩之 (産業図書) | トップページ | 『男と女の悲しい死体』 上野正彦  »

もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2082224

この記事へのトラックバック一覧です: FUNAI DVDレコーダ FDRS-01:

« 『こころと経済』 妙木浩之 (産業図書) | トップページ | 『男と女の悲しい死体』 上野正彦  »