« 『マーズ・アタック!』 ティム・バートン監督作品 | トップページ | 2ちゃんねるフィルタ »

2004.11.17

『二歩』(小津安二郎監督?)

rtdghd1.jpg
 遅ればせながら、ウワサの対局を観戦いたしました。やはりノンフィクションは面白い。予定調和とは違う空気感。素晴らしい緊張感ならぬ弛緩感。
 知らない方のために一応説明しておきますと、これは今年6月にNHKで放送されたものです。豊川孝弘六段と田村康介五段の対局です。緊張感あふれる局面で事件、いや事故は起こりました。
バシッ…
 豊川六段が打った手は、なななんと、見事な「二歩」。

「打っちゃったよ。打っちゃった」と興奮を抑えきれない塚田九段。
「あ〜っ!」と見てはいけないものを見てしまったかのように絶叫する千葉三段。
「先手2九歩」努めて冷静に読み上げる古河二段。
「二歩ですね」いまだ気づかぬ豊川六段に憐れみの引導を渡す田村五段。
「あは〜」田村五段のあまりに直截簡明な言葉に吐息を漏らす千葉三段。
「そうですね。申し訳ない。ダメだね私ね」負けたのに思わず謝罪し自責モードに入る豊川六段。
「〜まで109手をもちまして…」かみかみで終局を宣告する古河二段。
「…」勝者でありながら、小首をかしげ、眉間にしわ寄せ、今にも泣き出しそうな田村五段。
「失礼失礼ブツブツブツ…」天を見上げ、しぼんだ空気をなぜか一人盛り上げようとする豊川六段。

 う〜ん。シュールですねえ。この空気感すごい。最後なんか、静かなる画面に恐ろしいほど多くの感情が交錯する、まるで小津映画のワンシーンになっちゃってます。これをしっかり放送するNHKはやはりすごすぎます。まいった!

YouTubeで観る

不二草紙に戻る
 

|

« 『マーズ・アタック!』 ティム・バートン監督作品 | トップページ | 2ちゃんねるフィルタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(上位ランキングだったからついポチっと、読み返してみると・・・)
すごい・・・ノアだけはガチだと思っていたがこれも・・・。

投稿: 庵主セコンド | 2008.05.16 08:34

あれ?今ごろ気づいたの?
これはガチだけど、ある種無垢な虚構性があるね。
事後の演劇的空間が素晴らしい。
まさにノア的な理想世界だ。
反則と言ってもヌル山とは大違いだねww

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.05.16 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1985967

この記事へのトラックバック一覧です: 『二歩』(小津安二郎監督?):

« 『マーズ・アタック!』 ティム・バートン監督作品 | トップページ | 2ちゃんねるフィルタ »