« 『冥途のお客』 佐藤愛子 (光文社) | トップページ | 『二歩』(小津安二郎監督?) »

2004.11.16

『マーズ・アタック!』 ティム・バートン監督作品

B00006AFZD.09.MZZZZZZZ.jpg
 久々に観まして、再び大笑いしてしまいました。
 私は基本的にハリウッド映画が苦手なのですが、この作品はDVDを買って時々観ます。これを観ると、なんだ、ハリウッドもアメリカも大人っぽい部分があるじゃない、と思います。こういう風に自虐的に自らをギャグ化できるというのは、実に健全な体質です。
 ティムがこの映画を撮った頃、本流では「インデペンデンス・デイ」を筆頭に、侵略者、自然災害が猛威を振るい、しかし強いアメリカは多くの困難を乗り越えて愛と自由と平和と正義を勝ち取るみたいな辟易系が、それこそ猛威を振るっていました。彼はそれらに対する辛辣なパロディとしてこの作品を作ったのでしょう。キャスト・スタッフともにものすごいメンバーで本流をおちょくります。
 ワンシーン、ワンシーン、よく観ると実にいろいろな揶揄や風刺がきいていますね。ティムのヲタク気質のなせるワザです。ものすごいお金をかけ、最新のSFXで、チープなB級を表現するという逆説的な技法に感服、いや抱腹いたします。ちょっとやりすぎなくらい。なんでゴジラが突然出てくるんだ???
 役者陣はもうスゴすぎなわけですが、特に「独立記念日」で英雄として描かれた大統領の情けなく笑わせてくれること。ジャック・ニコルソンってホントすごい役者です。そして、私がひそかに大好きなのは、真のエンターテイナー、トム・ジョーンズです!彼の登場自体とっても唐突でいいのですが、あのトボケぶりと唄いっぷりはたまりませんね。「I'm Tom Jones」だけで笑えます。
 表面的には偽善的なアメリカ像を描きながら、さりげなく原住民の問題なんかも扱っていたりして、今になってみると結構深い内容でもあります。こういう作品が、またハリウッドから生まれませんかねえ。そうしたら、アメリカをちょっと見直しちゃうんですけど。
Amazon マーズ・アタック!MARS ATTACKS!

不二草紙に戻る

|

« 『冥途のお客』 佐藤愛子 (光文社) | トップページ | 『二歩』(小津安二郎監督?) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1976420

この記事へのトラックバック一覧です: 『マーズ・アタック!』 ティム・バートン監督作品:

» マーズ・アタック! [かたすみの映画小屋]
火星人というとどんな格好をしていると思いますか?会ったことがない人は、タコみたいな形だったり、指が6本ある緑色の小人だったり、人間そっくりだったり、スカート... [続きを読む]

受信: 2004.12.16 00:35

» ■〔映画評Vol.2〕『マーズ・アタック!』(1996/ティム・バートン) [太陽がくれた季節]
2月27日の諸先輩方、友人への御披露目「プレ・オープン」以来、 そして、一昨日の世間様への御披露目「正式オープン」(^^)以来、多くの方に当ブログにご来訪いただきまして私め感謝しきりであります。 また、御披露目に際し、当ブログからのリンクをご快諾くださった、 prodigalさん、路傍の石さん、kumikoさん、santapapaさん、soushinさん、 本当にいつも励まされております、ここに今一度お礼を申し上げる次第です。 そして、新たにリンクさせて頂いた“ひよこさん”、ほ... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 03:18

« 『冥途のお客』 佐藤愛子 (光文社) | トップページ | 『二歩』(小津安二郎監督?) »