« 古池や… | トップページ | チャボロ・シュミット 『ミリ・ファミリア』 »

2004.11.23

身曾岐神社(みそぎじんじゃ)

sany0164.jpeg
 あんまりいい天気なので、久々に家族でドライブ。県内でありながら、最近足を運んでいなかった八ケ岳方面へ行ってまいりました。
 私の目的は、小淵沢の古神道本宮「身曾岐神社」です。いわゆる神道十三派の一つである禊教の本宮です。夏には毎年薪能が行われており、それを見に行った知人から、素晴らしい社だから一度行くといい、と言われながらもう何年も経ってしまいました。ようやく今日、念願のお参りが実現したというわけです。
 結論から申しますと、日本人なら一度は訪ねてみると宜しい。先月の伊勢神宮外宮参詣の時と全く同じ印象を受けました。実に質素でストレート。開放的で静謐。まさに心洗われます。
 七五三シーズンということで、かわいらしく着飾った女の子とその家族たちが何組かいましたが、広い社内に人影はほとんどなく、高天原に漂う神気をぜいたくにも独占させていただきました。
 本殿にお参りし、能舞台の前景となる池の鯉としばしたわむれ、おみくじなど引いてみたりして、すっかり癒された私たちでありました。最近はやりの神社ヒーリングってやつですね。そして、それが実は「みそぎ」になっている。
 やはり、こういうオープンな感じ、シンプルな感じが神道の良さだと思います。もちろん古神道には、いろいろな修法があったりして、極めればそれなりの厳格さがあるわけですが、困ったときの神頼みや、御利益信仰なんていうのも、しっかり受け止めてくれる懐の深さ(いい意味でのいい加減さ)がいいですね。
 そんな神域に別れを告げた私たちは、その数分後には、全く対照的な世界、八ケ岳リゾートアウトレット参拝?を果たし、結局また垢をつけて帰ってきました。「みそぎ」の意味ないじゃん!まあ、ハレとケですか。やっぱり自分も日本人ですな。

不二草紙に戻る

|

« 古池や… | トップページ | チャボロ・シュミット 『ミリ・ファミリア』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2044058

この記事へのトラックバック一覧です: 身曾岐神社(みそぎじんじゃ):

» 「夏越の大祓式」無病息災を祈願 北杜・身曽岐神社 [ローカルニュースの旅]
身曽岐神社は30日、罪やけがれを払う「夏越なごしの大祓おおはらい式」を行った。約170人の参拝者は、形代かたしろと呼ばれる青い紙でできた人形に名前を書き、息を吹きかけ、「はらいたまいきよめたまう」と祈りを込めた。... [続きを読む]

受信: 2013.07.02 12:02

« 古池や… | トップページ | チャボロ・シュミット 『ミリ・ファミリア』 »