«  『猫語の教科書』 ポール・ギャリコ (ちくま文庫) | トップページ | 一日一食+青汁+4時起き »

2004.10.21

『ライフ イズ ビューティフル』 ロベルト・ベニーニ脚本・監督・主演

bhbhdgg.jpg
 戦争教材第2弾。これも見せるだけ。何も語りません。今日も生徒ともども泣きました。
 いろいろな映画に感動してきましたが、やはりこれはベストテンに入りますね。どんなに良い作品でも、何度か見るうちに、不満な点が出てきてしまうものですが、これは違う。非の打ち所がありません。私にとっては、全てが完璧。
 この映画、戦争のシーン抜きで戦争を描いていると言えます。そういうものは他にもありますが、ユーモアを前面に押し出すことによって、悲哀を増幅させるという演出技法に、私はすっかりやられちゃいましたね。ベニーニやるな。
 お笑いの人という意味では、北野武に近いのかもしれません。しかし、北野演出にはちょっとまじめぶりすぎる(つまり、ユーモアの対極で無理やり勝負しようとする)きらいがあるので、時々鼻につくんですよね。その点、この作品でのベニーニは最後の最後までユーモアを貫こうとする。その徹底ぶりが、ユーモアの対極を通り越して説得力を持ちます。
 それにしても見事な脚本ですね。リアルではありませんが、モノガタリとしては最高のシナリオです。伏線の配置の仕方、絡み合ういくつかのストーリーのバランスの良さ、前半と後半のコントラスト。私は見るたびに、小津安二郎監督の「生まれてはみたけれど」を思い出します。この全く違うと思われているであろう2作品が、私の頭の中ではいつも仲良く並んでるんですよね。
 いずれにせよ、大いに笑い、大いに泣き、大いに考えることのできる、永遠不朽の名画でしょう。人類の財産です。こういう作品に出会えるから、まさに人生はすばらしいのです。
Amazon ライフ・イズ・ビューティフルLA VITA E BELLA/LIFE IS BEAUTIFUL
 
不二草紙に戻る

|

«  『猫語の教科書』 ポール・ギャリコ (ちくま文庫) | トップページ | 一日一食+青汁+4時起き »

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1737996

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライフ イズ ビューティフル』 ロベルト・ベニーニ脚本・監督・主演:

«  『猫語の教科書』 ポール・ギャリコ (ちくま文庫) | トップページ | 一日一食+青汁+4時起き »