« 大吟醸 『宮の雪』 | トップページ | 伊勢神宮 外宮 »

2004.10.14

『物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」』 大塚英志 (角川oneテーマ21)

4047041793.09.MZZZZZZZ.jpg
 今日は研修で発表でした。時間が足りず、言いたいことが言えなく終わってしまいました。まあ、自分の頭の中も実はグチャグチャのまま臨んだので、当然の結果かな。
 さて、この発表でも触れた「モノガタリ」についての本。切り口は違うけれど、面白そうなので明け方読んでみました。けっこう面白く、わかりやすく、すんなり読めました。でもどうでしょう。一般の人には、このサブカルチャー臭が鼻につくのでは。私はそっちの世界について、大好きというわけではありませんが、それほど抵抗のある方でもありませんので、すんなり入っていけちゃいました。そんな自分が怖い。
 結局、著者は「文学よ、しっかりせい!」ということを言いたいようですね。実にまっとうな意見です。文学は死んだ、と言われて久しい。私もたしかに死んだと思うのですが、筆者はまだ、その文学とやらに期待しているようです。文学とは、ここでは小説と言っていいと思います。しかし、考えてみると、小説の歴史なんて、たかが100年くらいです。というか、言文一致以降、100年でその寿命を終えたのだと思います。それは単なる老衰であり、別に非業の死でも、自殺でもありません。死んだものに何を期待しようと言うのでしょう。はっきり言って、小説とは実に不自然なジャンルであり、特殊な時代の産物に過ぎないと、私は思うのです。
 やはり「モノガタリ」の再定義をしないと、いわゆる日本の物語論はダメみたいですね。やってみます。
Amazon 物語消滅論―キャラクター化...角川oneテーマ21

不二草紙に戻る

|

« 大吟醸 『宮の雪』 | トップページ | 伊勢神宮 外宮 »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1693925

この記事へのトラックバック一覧です: 『物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」』 大塚英志 (角川oneテーマ21):

« 大吟醸 『宮の雪』 | トップページ | 伊勢神宮 外宮 »