« ベット・ミドラー イン ラス・ヴェガス | トップページ | C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) »

2004.09.06

津島佑子   快楽の本棚 言葉から自由になるための読書案内(中公新書)

bfhh.jpg
 まず、書評的にいうと、この本はあまりおススメできません。たぶん、多くの人がつまらない、と思うでしょう。あまりに個人的な記憶をたぐった随想であり、著者のファンであっても、期待外れの感はぬぐえないのでは。私も予想とあまりに違う内容に思わず読んでしまった(?)一人です。
 私の場合は副題に惹かれました。言葉について考えている私にとって、「言葉から自由になる」というのは格好のアンチテーゼですから。ところが言葉についての言及は何もない。ついでに期待していた父親(太宰治)に対する記述もほとんどない。え〜?、と思う反面、なぜだか読み進めてしまうのです。それは、メインタイトルに偽りがなかったからでしょう。
 筆者の読書の記憶とは、彼女自身の「性」への関心の記憶にほかならないのです。「性」を「快楽」と言い換えて堂々としているあたり、男である私は、少したじろいでしまうわけですが、なるほど彼女にとっての読書のモチベーションはそこにあったのですね。それで作家になっちゃうんだから、やはりそういうパワーってすごいですね。まあ遺伝的才能も認められますけれど。
 で、この副題ですが、今になってみれば、これも偽りなしですよね。彼女にとっては、やはり言葉は理性の象徴なのでしょう。快楽、性、本能…言葉はその媒体にはなり得ても、それ自体にはなれないということでしょうか。
Amazon 快楽の本棚

不二草紙に戻る

|

« ベット・ミドラー イン ラス・ヴェガス | トップページ | C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1616764

この記事へのトラックバック一覧です: 津島佑子   快楽の本棚 言葉から自由になるための読書案内(中公新書):

» 津島 佑子 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
津島 佑子 † 【つしま ゆうこ】 著作リスト 津島佑子さんの「成人式」 井伏鱒二と太宰治&津島佑子のこと 〈母〉へのアンビヴァレンス 津島佑子... [続きを読む]

受信: 2004.12.03 11:49

» 津島佑子 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
津島佑子 † 【つしま ゆうこ】 津島佑子 『火の山 山猿記』(上下) 『笑いオオカミ』 『快楽の本棚 言葉から自由になるための読書案内』 『ナラ・レポート』 著作リスト 津島佑子さんの「成人式」 井伏鱒二と太宰治&津島佑子のこと 〈母〉へのア... [続きを読む]

受信: 2005.04.11 18:03

« ベット・ミドラー イン ラス・ヴェガス | トップページ | C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) »