« Janusz Olejniczak  Genuine Chopin | トップページ | マキタ  水フィルター集塵機 M460 »

2004.09.12

東京事変 「群青日和」

jihenn.jpg
 今日は私の所属するバロックバンドのコンサートでした。どっぷりバロック漬けの二日間でしたので、夜はロックで耳直し(?)。椎名林檎姫参加のバンド「東京事変」のファーストシングル、生徒に借りて、早速聴いてみました。
 相変わらずの姫の魅力を堪能いたしました。しかし、全体の音の雰囲気としては、ソロとはだいぶ違いましたねえ。こちらの方が続けて聴くにはいいかも。つまり、耳あたりが良くなっているということです。それが物足りないという御仁もいらっしゃるやもしれませんが、これはこれで正調ロックだと思います。おいおいこれをロックと呼ぶのか?いやいや、基本的に姫の唄心はロックです。何を唄っても。詩の世界も、全体のデザインなども、いかにも林檎的ですし。
 個人的には亀田誠治様のベースがとっても良かった。さすが大御所(私と同い年でもう大御所かあ)。楽曲としては「その淑女ふしだらにつき」が良かったですね。姫の曲ではありませんが、演奏も唄もライヴ感たっぷりで、ドキドキしました。
 ただ、どうでしょう。長調の曲3曲というのは。私のみならず、林檎姫の奏でるダークな世界を期待した方も多いのではないでしょうか。たぶん、次にリリースされる「遭難」は、そっち系でしょう。いや、わからんな。タイトルだけで判断してはいかん。
 やっぱりライヴで聴きたいですね、このバンド。
Amazon 群青日和

不二草紙に戻る

|

« Janusz Olejniczak  Genuine Chopin | トップページ | マキタ  水フィルター集塵機 M460 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1616773

この記事へのトラックバック一覧です: 東京事変 「群青日和」:

« Janusz Olejniczak  Genuine Chopin | トップページ | マキタ  水フィルター集塵機 M460 »