« C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) | トップページ | オタク道 極まれり!  BSアニメ夜話「あしたのジョー」 »

2004.09.08

Fujio Akatsuka(赤塚不二夫)  THE GENIUS Bakabon(天才バカボン バイリンガル版)

ciuyy.jpg
 カミングアウトしちゃいますね。実は…ウチの夫婦、バカボン教の信者です。神棚には文庫判天才バカボン全巻が奉祀してあります。ホントです。
 今日はその御神体の方ではなく、バカボン教布教世界戦略用の聖典を紹介します。これは私たち日本人の信者としてもかなりハマります。もちろん原典で読んだ内容なのですが、こうして真面目に(?)英語訳されると、もうその英語訳という行為自体に笑えてしまいます。だいたいが、原典の言葉自体もう日本語の体系を軽く超越した神の言霊ですから、翻訳者もかなり苦労しただろうなあ、と思いきや、このズフェルトという翻訳者の方、そうとうのバカボン教理解者のようで、見事神の言霊を英語化しちゃっています。
 少し視点を変えれば、これはかなり高度な英会話のテキストですね。ていうか、全く日常的でない会話文ばかりで、この本で英語の勉強をしようという人がいたとしたら(私はそうでしたが)、それはそれでかなりのバカげた心意気の持ち主だと思います。
 私がバカボン教などと言うと、バカげたジョークのように思われるでしょうが、実は結構マジメなのです。バカボンの世界は日本の神道の世界に似ているのです。荒ぶるバカボンのパパの言霊による破壊と創造。しかし、そこに漂う優しく温かな空気。これこそ世界平和への道だと思うのですが…言霊は万国共通なのだ!バカの壁などないのだ!
Amazon 天才バカボン―バイリンガル

不二草紙に戻る

|

« C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) | トップページ | オタク道 極まれり!  BSアニメ夜話「あしたのジョー」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1616767

この記事へのトラックバック一覧です: Fujio Akatsuka(赤塚不二夫)  THE GENIUS Bakabon(天才バカボン バイリンガル版):

« C.ダグラス・ラミス   経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社) | トップページ | オタク道 極まれり!  BSアニメ夜話「あしたのジョー」 »