« ボウリング | トップページ | 「神様の水」 杓子山水系の湧水 »

2004.08.07

梅若薪能 (神はなぜに怒りたもうたか?)

vbccs.jpg
 おめでとう、ジーコジャパン!感動をありがとう。しかし、試合後がいけませんでしたね。中国の国民感情もわからないではないですが…。
 興行というのは中身だけ良ければよいというものではありません。全てに満足できる興行が実現するのは奇跡的なことです。
 実は、今日は毎年楽しみにしている浅間神社での梅若薪能だったのです…しかし、なんといってよいか。芸大で能楽師を目指している教え子に言わせると「空前絶後」の公演だったそうで。
 まあ、天気のことは仕方有りません。薪能は神様に対する奉納の意味もある訳ですが、日本の神様というのは気まぐれですし、すぐ怒りますから、あの神社での雷雨は、私としては全然受け入れられるものでした。しかし、その後の対応の不手際と事前の準備不足は、結局我々オーディエンスだけでなく、パフォーマーの緊張感までも殺いでしまう結果となりました。残念。
 それでも、ある意味違った視点でプロのパフォーマンスを観察することが出来、私としてはいい体験だったとも言えます。「松風」における世阿弥のシュールな表現、野村萬斎の圧倒的な存在感、一噌隆之の変幻自在の笛の音など、充分心に残るものでした。
 来年こそは神苑で幽玄の世界を体験できるよう(神様に怒られないよう)、明日からまじめに生活します!?

不二草紙に戻る

|

« ボウリング | トップページ | 「神様の水」 杓子山水系の湧水 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4249249

この記事へのトラックバック一覧です: 梅若薪能 (神はなぜに怒りたもうたか?):

« ボウリング | トップページ | 「神様の水」 杓子山水系の湧水 »