« 長野県松代町鎮座 『黒猫大明神』 | トップページ | 都留音楽祭 2日目 リン・ドウソン ソプラノリサイタル »

2004.08.18

都留音楽祭 初日 オープニングコンサート

turu.jpg
 毎夏の楽しみ、都留音楽祭。私はもう何年も実行委員として参加させていただいています。
 私が大学三年生の時、母校を舞台に始まったこの音楽祭。当時まだまだマイナーだった古楽の世界に憧れていた私にとって、この音楽祭は運命を大きく変えるきっかけとなってくれました。
 あれからもう19年。全国の音楽祭の多くが、何らかの理由で終止符を打たざるを得ない状況の中、よくぞ続いています。このアットホームな雰囲気、手作りの雰囲気がいいのでしょう。実行委員としてその一端を担っていることに誇りを感じます。
 今日は第1日目、講師陣のオープニングコンサートがメインディッシュです。今日も本当に贅沢なメニューを堪能しました。ステージに3台のチェンバロとフォルテピアノ。西洋の古楽の間に東洋の古楽。そして何といっても一流の演奏。うぐいすホールの美しい残響とともに至福の時を演出します。これだけいろいろな奏者の、いろいろなジャンルの音楽を聴く機会は、東京でもそうそうないでしょう。今日の奏者と曲目については、うぐいすホールのHPで御覧になって下さい。
 その中で、私の心に特に強く残ったのは、上杉先生と吉沢先生による「邂逅」でした。いわゆる現代物で、一歩間違えばキワモノになってしまう可能性のある楽曲でしたが、お二人の見事なセッションは、音楽の原点が「対話」であることを思い出させてくれました。

不二草紙に戻る

|

« 長野県松代町鎮座 『黒猫大明神』 | トップページ | 都留音楽祭 2日目 リン・ドウソン ソプラノリサイタル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4249522

この記事へのトラックバック一覧です: 都留音楽祭 初日 オープニングコンサート:

« 長野県松代町鎮座 『黒猫大明神』 | トップページ | 都留音楽祭 2日目 リン・ドウソン ソプラノリサイタル »