« 「神様の水」 杓子山水系の湧水 | トップページ | 『言語の脳科学』 酒井邦嘉 (中公新書) »

2004.08.09

山梨発 3バンド

rem.jpgofro.jpgfj.jpg
 山梨の音楽シーン(特にいわゆるインディーズシーン)は、なんか中途半端でパッとしない、と言われ続けていました。たしかにメジャーになったバンドは「島唄」のTHE BOOMくらい。BOOMも正直微妙(妙)だし。
 ところが、最近山梨出身のいいバンドがいくつかメジャーシーンに顔を出すようになりました。
 まず、レミオロメン。「3月9日」「アカシア」はヒットチャートにも入ってきましたね。
 続いて私が聞いたのがO-front。「さよなら」悪くないですね。来年あたりブレイクするかも。
 そして、今日耳にして、なかなかいいなあ、と思ったのが、フジファブリック。リーダーが富士吉田出身なので、このバンド名なのかな?バンド名は微妙(妙)でありますが、その音楽はなかなか渋い。新曲「陽炎」結構好きですね。シンプルですがメロディーに魅力があります。
 この三つのバンド、共通する所があります。それはカッコよく言えば叙情性。カッコ悪く言えば情けなさ(叙情性がないっていう意味じゃないですよ)。全然ソフィスティケイトされてないのです。普通なのです。それが心にしみるんですよね。
 日常的な素直さが受ける時代が来るんでしょうか。私は昔からそういう音楽を応援してるんですが。そろそろコマーシャルなロックには飽き飽きしてるんですが。

不二草紙に戻る

|

« 「神様の水」 杓子山水系の湧水 | トップページ | 『言語の脳科学』 酒井邦嘉 (中公新書) »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4249303

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨発 3バンド:

« 「神様の水」 杓子山水系の湧水 | トップページ | 『言語の脳科学』 酒井邦嘉 (中公新書) »