« ソプラニスタ 『岡本知高』 | トップページ | イチロー (ニュース10インタビュー) »

2004.06.14

矢野沙織 『YANO SAORI』

osusum5.jpg
 若いのに偉い人、再び。録音時は16歳。う〜ん末恐ろしい。ジャズサックスの超新星のデビューアルバムです。先月2枚目のアルバムをリリースしたようですが、とりあえず1枚目を今日初めて聴きました。
 うまいですね。ジャズはテクニックだけでどうにかなる世界ではありませんから、この「うまい」はクラシックの若手にありがちな「うまい」とは違いますよ。本当にうまいんですよ。チャーリー・パーカーだって言われても、私の耳には区別つかないところがたくさんあります。まあ、録音の質が違いますが、フレージングやら音色やらは、充分バードしてます。天才なんでしょうね。少なくとも私がサックスを100年練習しても、こんなふうには吹けません。当たり前か。
 それにしても才能はあったとしても、どういう環境でどういう練習をしてきたんでしょうか。不思議です。
 日本の音楽業界は「女子高生」とか「男なのに女の声が出る」とかいった次元で、レコードが売れるのですが、そんな下らない消費者にこびず、岡本君ともども自分のやりたいことをやっていってほしいですね。チャーリー・パーカーのまねでもかまいません。永平寺住職が言っていました。「学ぶということはまねるということや」「まねも一生続ければ、ほんまもんや」。

不二草紙に戻る

|

« ソプラニスタ 『岡本知高』 | トップページ | イチロー (ニュース10インタビュー) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1616904

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野沙織 『YANO SAORI』:

« ソプラニスタ 『岡本知高』 | トップページ | イチロー (ニュース10インタビュー) »