« ヨハネパウロ2世と小川直也とオヤジプロレスに想う | トップページ | プロジェクトX 「男たちの復活戦」デジタルカメラに賭ける »

2004.06.21

『日本の偽書』 藤原明 (文春新書)

eseneee9856.jpg
 なにげなく本屋さんに行ったところ、このような興味深い本を見つけましたので、さっそく購入して読んでみました。
 いわゆる「古史古伝」「超古代史」などと呼ばれ、アカデミックな世界からは一笑に付され続けてきたアヤシイ文書類を、いままでとは違った視点で学問の俎上に乗せようという力作でありました。残念ながら、私が興味を持っている三書〜「富士古文献(宮下文書)」「九鬼文書」「安部文書」がオミットされておりましたが、他の文献への考察は、なかなかよくできていました。
 よくできていました、なんて失礼な言い方ですが、偽書群を客観的に学問的に見ようとするあまり、皮肉なことにこの本自体が偽書臭くなってしまっているのです。
 私は、偽書は偽書だと信じていますが、しかし、それを読み込み、それが生まれた土地に生活していくことによって、その土着的な性格が初めて分かるのだと思っています。その点において、どの文献に対する筆者の態度からも、偽書群が持つ本来のローカルなドロドロしたものが見えてきませんでした。
 しかし、決して文句を言っているのではないのです。ある種、禁断の聖地(?)に正装して踏み込むという難業に挑戦する筆者を、心から尊敬したいと思っています。ただ…(小さな声で)偽書とルサンチマンを切り離してはいけませんよ。

不二草紙に戻る

|

« ヨハネパウロ2世と小川直也とオヤジプロレスに想う | トップページ | プロジェクトX 「男たちの復活戦」デジタルカメラに賭ける »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4195948

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の偽書』 藤原明 (文春新書):

« ヨハネパウロ2世と小川直也とオヤジプロレスに想う | トップページ | プロジェクトX 「男たちの復活戦」デジタルカメラに賭ける »