« 『くわしい 地学の新研究』 関口武・伊藤久雄 (洛陽社) | トップページ | ソプラニスタ 『岡本知高』 »

2004.06.12

NHKスペシャル 『永平寺 104歳の禅師』

ccca.jpg
 私の実家は曹洞宗です。檀那寺はどちらかというと総持寺派のようですが、やはり曹洞宗と言えば、まず頭に浮かぶのは永平寺ですね。
 今日はその永平寺の住職宮崎奕保禅師のドキュメンタリーを見ました。いろいろな煩悩や迷いに溺れる最近の自分にとって、非常に重い番組でした。
 あの永平寺の住職というだけでもすごすぎなわけですが、11歳の頃から仏門に入り、104歳まで只管打坐…ひたすら壁に向かって座禅をする…を続けてきたわけですから、もう想像を絶する境地に至っていらっしゃいました。ですから、ある意味よく聞く言葉でさえ、妙に重く胸に響くのでした。
 「いつ死んでもいいと思うのが悟りではなく、平気に生きているのが悟り」「環境も自分、だから自分を大事にするように他のものも大事にする」「自然は文句も言わず、褒められようともせず、黙って実行して去ってゆく…それが法」「どうしても、ということは命がけでやりなさい」
 表現は違ったかもしれませんが、私の頭にはこういう言葉として残りました。
 いやはや、なんとも重いですね。そして、8000巻に及ぶ般若心経の写経。いわゆる上手な字ではありませんでしたが、あの味わいは何だったのでしょう。ため息が出ました。
 今年の春から、教え子が永平寺に修行に行きました。送り出す時は「かわいそうに」なんて思いましたが、今はかなりうらやましい…。

不二草紙に戻る

|

« 『くわしい 地学の新研究』 関口武・伊藤久雄 (洛陽社) | トップページ | ソプラニスタ 『岡本知高』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1616917

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 『永平寺 104歳の禅師』:

« 『くわしい 地学の新研究』 関口武・伊藤久雄 (洛陽社) | トップページ | ソプラニスタ 『岡本知高』 »