« フィアット プント ELX Speedgear | トップページ | 『定本 育児の百科』 松田道雄 (岩波書店)  »

2004.05.31

竹めし

osusum19.jpg
 昨日、富士山ナショナルトラストに参加している父が、お土産として我が家に持ってきました。
 竹めし…竹で炊いたご飯です。チャル釜のご飯もおいしいけれど、これはこれで違ったおいしさでした。炊きたてなら、もっとおいしかったでしょうね(ゴクッ)。
 直径10cmはあろうかという太い竹の、節と節の間に窓(蓋)を開け、そこに白米と水を入れて、下からガンガンたき火で加熱すると、5合ほどの米が30〜50分くらいで炊けるそうです。ほのかな竹の香りが白米に移って、なんともいえず美味です。竹は取りたてというか切りたてのものでないと、水分を含んでいないため燃え上がってしまうということです。つまり、炊き上げたあとの竹は、一見再利用できそうなのですが、もう使えません。それにしても竹の内側は、まるでホーロー加工のように滑らかで、ご飯がこびりつきませんね。竹の調理用品は今ブームだそうです。
 ところで、昔の人はこうして野外で煮炊きしたんでしょうか。そういえば、東南アジアなどの戦地で、兵隊さんたちが竹を使って調理したというのを何かで読みました。彼らは白米を炊いたのでしょうか。ちょっと切なくなりました。

不二草紙に戻る

|

« フィアット プント ELX Speedgear | トップページ | 『定本 育児の百科』 松田道雄 (岩波書店)  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4151980

この記事へのトラックバック一覧です: 竹めし:

« フィアット プント ELX Speedgear | トップページ | 『定本 育児の百科』 松田道雄 (岩波書店)  »