« 美輪明宏 対談本2冊 『人生讃歌』『ぴんぽんぱん ふたり話』 | トップページ | シスレー 『セント・マーティン運河』 »

2004.05.25

韓国製電子圧力釜 『チャル釜』

goods00000784.jpg
 私の家内の実家は秋田の米農家です。そこでいただく炊きたての「あきたこまち」のおいしさって言ったら…思い出すだけでも唾液が…本当に日本人で良かったと思う瞬間です。
 で、おみやげにその「あきたこまち」をいただいてくることが多かったのですが、どうも富士山で炊いてみると、ん?おいしいけど、あの感動とは何かが違う。なぜだろう。
 よ〜く考えたらわかりました。ウチは富士山の標高1200m地点にあり、気圧は低地より約120hpa低く、よって水の沸点も96℃くらいまで下がってしまうのでした。これでは米に火が入りません。そこでいろいろ調べて買いました!
 チャル釜です。これは100℃どころか116℃になるまで加圧してくれるすぐれ物です。
 で、チャル釜で炊いた米ですが、マジで美味い!今まで食べていたのは何だったのでしょう。百聞は一食に如かず…ぜひ買って食べてみて下さい。
 もちろん保温も可能ですし、他の料理もいろいろOKです。国産品に比べ本体もかなり安いですし、安い米でもおいしく炊けますので、結構経済的かも。炊き上がりにシューッ!!と吹き出す噴気には、気合いすら感じます(目覚ましがわりにもなる!)。
 ところでチャルって何…?

追伸 2008年、チャル釜は引退しました。かわりに活躍しているのはサンヨーおどり炊きです。

不二草紙に戻る

|

« 美輪明宏 対談本2冊 『人生讃歌』『ぴんぽんぱん ふたり話』 | トップページ | シスレー 『セント・マーティン運河』 »

もの」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1623999

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国製電子圧力釜 『チャル釜』:

« 美輪明宏 対談本2冊 『人生讃歌』『ぴんぽんぱん ふたり話』 | トップページ | シスレー 『セント・マーティン運河』 »