« 玄侑宗久氏 講演 | トップページ | フィアット プント ELX Speedgear »

2004.05.29

キース・ジャレット 『Book of Ways』

b000008bd301lzzz.jpg
 現代屈指の天才音楽家、いちおう肩書きはジャズピアニストとしておきましょう、キース・ジャレットの二枚組アルバムです。
 キースはあまりにも多くの名盤を残していますが、その中でもマニアック度No.1、内容的にも私が最も好きなのがこれです。
 キース・ジャレット先生、ここではなんとクラヴィコードを使ってインプロヴィゼーションを繰り広げています。それも3台のクラヴィコードを並べ、1台は弾かずに共鳴用として使い、あとの2台を同時に弾いています。私もクラヴィコードが大好きで、知人の家に行くといつも弾かせてもらっていましたが、あの楽器はハッキリ言って自分にしか音が聞こえません。それほど小音量なのです。ところが、だからこそ自分の耳が研ぎ澄まされ、楽器からの振動を受け取る指先までが敏感になって、他では絶対に味わえない不思議な感覚に包まれるのです。まさに音楽と自分が小さな宇宙を作り出す…そんなところが、内省的な即興を得意とするキースにはぴったりです。
 それにしても、この即興曲たちの充実度は何なんでしょう。バロック風あり、ジャズ風あり、民族音楽風あり、とんでもない才能の持ち主ですね。本当に隠れた名盤です。絶対におススメ。
Amazon Jarrett: Book of Ways

不二草紙に戻る

|

« 玄侑宗久氏 講演 | トップページ | フィアット プント ELX Speedgear »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1624027

この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレット 『Book of Ways』:

« 玄侑宗久氏 講演 | トップページ | フィアット プント ELX Speedgear »