« ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクワ・ケルン バッハ 『ブランデンブルク協奏曲』 | トップページ |  『日本語 新版(上・下)』 金田一春彦 (岩波新書) »

2004.05.19

嵐 PIKA☆☆NCHI DOUBLE

ar.jpg
 昨日とのギャップがかなり激しくありますが、いいものはいい、というのが私の基本姿勢です。
 もう3ヶ月くらい前の発売になりますから、旬はとうに過ぎていますが、とにかくいい曲です。
 ジャニーズなどのアイドルものは、ハナから聞かないという人も多いでしょうが、アイドルものはお金がかかっているので、楽曲も演奏も一流ということが多々あります。SMAPのアルバムなんか、クレジットを見てビックリ、世界中のすごいミュージシャンが参加していますよね。
 この曲も大変上質なポップロックに仕上がっています。歌はお世辞にもうまいとは言えませんが、それが歌詞の内容とも相まって、すがすがしく若々しい表現になっています。
 私も卒業シーズンに合わせて、自宅のカラオケステーションで練習しましたが、不惑間近の私にとっては、内容的にも音域的にもちょっとキツイものがありました。結局披露せず終わっちゃいましたね。それが正解だったかも。

不二草紙に戻る

|

« ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクワ・ケルン バッハ 『ブランデンブルク協奏曲』 | トップページ |  『日本語 新版(上・下)』 金田一春彦 (岩波新書) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/1623959

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 PIKA☆☆NCHI DOUBLE:

« ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクワ・ケルン バッハ 『ブランデンブルク協奏曲』 | トップページ |  『日本語 新版(上・下)』 金田一春彦 (岩波新書) »