« 課外授業ようこそ先輩 銅版画家 山本容子 「絵に描きにくいモノを版画にしよう!」 | トップページ | 嵐 PIKA☆☆NCHI DOUBLE »

2004.05.18

ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクワ・ケルン バッハ 『ブランデンブルク協奏曲』

osusum13.gif
 数あるCDコレクションの中で、ジャンルを越えて最も大切な1枚(2枚組ですが)がこれです。最近また買いました。3セット目です。
 アナログレコードじゃあるまいし、減るもんじゃないと思うのですが、なぜか傷んで音飛びするようになります。それほど聴いた、つまり出し入れしたということでしょう。世間では賛否両論、特に演奏家の皆さんにはアンチが多いですね。まあ、演奏家は往々にして、他人の演奏についての厳しい評論家になるものです。
 もう15年以上前の録音ですが…初めて聴いた時のえもいわれぬ衝撃、忘れません…いまだこれを越えた古楽器の演奏には出会っていませんね。
 テンポが早すぎるという意見も、表現に癖がありすぎるという意見も、私にとっては、えっ?それで?って感じです。なにしろバッハの楽譜に書かれている音が(それが合奏部のなんでもないような音でも)意志を持ってこちらに訴えかけてくる。
 私も長く古楽器演奏をしていますが、どうすればこういう生命感に満ちた音の集合になるのか、ほとんど想像もできません。一言、すごい。

不二草紙に戻る

|

« 課外授業ようこそ先輩 銅版画家 山本容子 「絵に描きにくいモノを版画にしよう!」 | トップページ | 嵐 PIKA☆☆NCHI DOUBLE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4152076

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクワ・ケルン バッハ 『ブランデンブルク協奏曲』:

« 課外授業ようこそ先輩 銅版画家 山本容子 「絵に描きにくいモノを版画にしよう!」 | トップページ | 嵐 PIKA☆☆NCHI DOUBLE »