2020.09.26

トランシルヴァニアの古楽

 

 BTSがアジアからアメリカに進出した話の続きで、アジアがヨーロッパに進出した昔の話を一つ。

 このあたりの世界史にはあんまり詳しくないというか、勉強したけれど忘れてしまっています、実は。

 しかし、世界の大きなデザインとして、ヨーロッパという辺境の地がモンゴルとトルコというアジアの強国にいじめられたというのが、私の雑なイメージであります。

 そういう意味では、トランシルヴァニア地方は非常に複雑な文化を持っています。現在のルーマニアの西部、ハンガリーの東部あたりですかね。

 このアルバムで取り上げられている17世紀はトランシルヴァニア公国時代。ハプスブルク家やオスマン帝国に攻められ、実効支配されていた時代ですね。

 そんなわけで、音楽も非常に複雑。ヨーロッパからバロック音楽も入ってきていましたが、いわば地元ジプシー系の民族音楽もありましたし、トルコが持ち込んだアジアの音楽もあったようです。

 それらが併存したり、融合したりというのが、このアルバムを聴くとわかります。そして、それが絶妙に魅力的なんですね。ある意味ワールドワイドな音楽の坩堝だったのではと想像されます。

 そう考えると、当時鎖国下の日本は、本当に音楽が純粋に発達しましたね。そういう文明国も珍しいと思いますよ。その後開国し、昭和日本がワールドワイドな音楽の坩堝となったわけです。

 そして、今はどうなのか…トランシルヴァニアの音楽を聴きながら、そんなことを考えていました。

| | コメント (0)

2020.09.25

BTS 『Dynamite』

 

 日の模範的バッハから、いきなりBTSです(笑)。

 アジア人として57年ぶりに、全米ビルボード・チャートで1位に輝いたのがこの曲。言うまでもなく、57年前の快挙は坂本九の「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」です。

 私は今のK-POPには、それほど興味はありません。かつては半分面白がって「韓国テクノ」や「ソテジワアイドゥル」のCDを買って聴いたりしていましたが。

 しかし、最近は、娘二人がBTSだけでなく、その他のグループにもキャーキャー言っているので、ついつい聴いてしまう(聴かされてしまう)日々を送っています。

 そうしますと、今の韓国の音楽は、日本のそれと比べると、たしかにアメリカ向けに職人的に作られていることがわかります。好き嫌いは別として、たしかにうまく出来ているし、歌もダンスも日本のアイドルとは比較にならないほどうまい。

 一方のJ-POPは、日本国内のみを市場とするガラパゴス状態にあります。もちろん、それが悪いわけではなく、ガラパゴスオットセイのように(?)特殊な進化を遂げていて、それはそれで価値があるとは思います。しかし、とてもグローバルに受け入れられるものではない。

 今日ちょうどメールマガジンで高城剛さんが指摘していましたように、20世紀末の英国の「クール・ブリタニア」 を、韓国は国策として見事に輸入し、日本は見事に輸入しませんでした。

 その国家ブランディングの有無が、その後20年以上経って、この違いを生んだわけですね。経済的なグローバル戦略としては、完全に勝敗がついてしまいました。

 韓国映画がアカデミー賞を獲ったことも記憶に新しいところ。ソフトだけでなく、電化製品やIT機器などのハードも、いつのまにか韓国や中国の後塵を拝するようになってしまった日本に、ちょっとした淋しさをおぼえるのも事実です。

 しかし、5年後はどうなっているわかりません。こうした国家的な商業主義が長く続くことはありません。

 一方のガラパゴス日本はどうなっていくのでしょう。こちらもあまり明るい材料は見当たりません。

 ただ、一つのヒントとなるのは、それこそ坂本九さんがアメリカの音楽を吸収しながらも、非常に日本的な音楽を日本語でヒットさせたこと、あるいは、仲小路彰の「未来学原論」に刺激されたYMOや山下達郎さんやユーミンらが、無意識的にせよ21世紀のアメリカやヨーロッパを驚かすような音楽を作ったことです。

 今売れる曲を作るのか、はたまたバッハのように数百年残る音楽を作るのか(実際バッハは当時不人気であった)。もちろん、ビートルズのようにその両方を実現する天才もいるわけですが。

 いずれにせよ、ポピュラー音楽の世界は、今大きな壁にぶつかっています。いわゆるコード進行もメロディーも出尽くした感があり、そこから逃れるようにHIP HOPが売れる時代になって久しい。そろそろ「天才」が現われてもいいかなと思いますね。

 音楽もデザインの一つと考えると、その発展の鍵は「違和感」と「慣れ」にあると思います。もちろん「違和感」とは、作り手側のそれではなく、聞き手側のそれです。「慣れ」もそう。どの時代においても、エポックメイキングな表現者は「違和感」という批判にさらされてきたのです。

 BTSに話を戻しますが、彼らに「違和感」があったとすれば、やはりアジア人であるということでしょう。たしかにアメリカ人はそこには「慣れ」ましたね。その業績は素晴らしいと思います。

 ちなみに娘たちはこの快挙に興奮しているのかと思うと、案外冷めていてですね、「まあ、チャートなんて金で操作できる時代だからね。戦略で勝っただけだよ」「昔のビルボードとは違うよ」とのご意見。逆に「坂本九はすごい」と、そちらに感動していました。たしかに(笑)。

 それにしても「上を向いて歩こう」、あの夏の日の航機事故で亡くなったことを考えると、きつい歌詞ですね…。

 

| | コメント (0)

2020.09.24

バッハ 『平均律クラヴィーア曲集全曲』 ロバート・コスティン(オルガン)

 

 日紹介したロック系(?)オルガニスト、キャメロン・カーペンターとは対照的な、先生系(実際先生です)オルガニスト、ロバート・コスティンによるバッハの平均律全曲。

 本当に模範的で素晴らしい演奏ですね。私の一番キライな演奏スタイルは「中途半端」「意識的に奇をてらう」ですので、ある意味振り切っている両者は好きなのです。

 結局、その人の人柄や芸術性がそのまま表現されていればいいわけですよね。自然体が良い。無理はいかんと。

 なるほど、ボカロに感動するのも、そういうことか。自然体ですからね。

 今までも、オルガンで全曲演奏した録音をいくつか聴いてきました。しかし、どれも途中で飽きてしまっていたんですね。しかし、この先生の演奏は飽きずに全部聴き通せた。

 自然な演奏スタイルだけでなく、音色の「普通さ」も原因していますね。そう、この曲集の「奇をてらった」演奏としては、各曲をチェンバロ、オルガン、クラヴィコードで演奏するというようなものがあります。また、オルガンだけの演奏にしても、曲によって音色を変えているものがけっこうあるんですね。

 しかし、お聴きになって分かるとおり、ここで先生は実に柔らかい音色で通している。それが逆に飽きない原因なのです。

 こうしてオルガンで全曲聴いてみますと、あらためてこの曲集の深さがよくわかります。特にチェンバロやピアノでは表現しきれない「ロングトーン」による多くの不協和音の美しさにしびれます。

 そう、作曲者であるバッハの脳内では(たぶん楽器を弾かずに作曲したでしょう)、常に音価どおり音が鳴っていたはずですので。

 ちなみに原題である「ふ」の「Wohltemperierte」は「平均律」ではなく「良く調律された」でしょうし、「Klavier」は「鍵盤楽器全般」でしょうから、この演奏のように平均律ではなく、またチェンバロやピアノでなくても、決して「奇をてらった」わけではありませんのであしからず。


| | コメント (0)

2020.09.23

追悼 アニマル・ウォリアーさん

Th_unknown1_20200924101401 入りばなに悲しい知らせが届きました。

 日米のプロレス界を席巻したロード・ウォリアーズのアニマルさんが亡くなったとのこと。まだ60歳。

 ホークも若くして亡くなってしまいましたが、二人はまさにその試合ぶりのように、太く短い人生を生きたのでした。

 ロード・ウォリアーズが初来日した頃は、その荒っぽいファイトスタイルに、私はかなり違和感を抱き、どちらかというとアンチでしたが、今となってみれば、その後のプロレスの歴史に大きな影響を与えたことに敬意を抱かざるを得ません。

 アニマルさんは、レスラーとしてのキャラクターとは違い、とても賢く人柄が良かったと聞いています。実弟のジョニー・エースさんがレスラーとしてだけでなく、WWEのプロモーターとして活躍し、現在はその副社長に就任していることからも、お兄さんの人柄も想像できますね。

 実質引退後も日本のレスラーの皆さんと交流があったようです。中でもキラー・カーンさんのお店でのこの動画を観ると、そのお人柄が偲ばれますね。3年前ですか…お元気そうだったのに。ご冥福をお祈りします。

 

 

| | コメント (0)

2020.09.22

右傾化・左傾化

Th_images1_20200923135001 しそうなタイトルですが、ふざけた記事です(笑)。

 安倍さん、退任後特に外交に関して評価が上っていますよね。これは世界が認める事実です。だから、世界はけっこう安倍ロス状態ですよ。

 特にこの写真が象徴しているように、米中の間でうまく両者を取り持ったことは、ほとんどマスコミでは伝えられておりません。めちゃくちゃ難しいことなのですが。

 さて、この写真でも分かりますとおり、トランプ氏は右傾化、習近平氏は左傾化が激しい。安倍さんはやや右傾化。

 そう、首の傾け方に、みんなクセがあるんですよ(笑)。

 特に気になるのは習氏ですよね。いつも左に傾いている。

 これは偶然なのでしょうか。それとも必然的現象なのでしょうか。首が思想に従うのか、それとも思想が首に従うのか。

 いずれにしても「首脳」というだけのことはありますね(笑)。首が傾けば脳も傾きます。脳が傾けば思想も傾きます。

 脳が右に傾くと、左脳より右脳の方が血流が良くなります。左に傾くと逆。

 すなわち、右脳が活発に働くと保守的な思考に、左脳が活発に働くとリベラル的な思考になるわけです。たしかに、右脳は感覚的、左脳は論理的な働きをすると言われていますね。

 本来、保守は「理性への懐疑」を、革新は「理性への信頼」をベースにした思考ですから、なるほどと思われる部分もあります。しかし、今や革新はリベラルに変貌してしまいましたから、ワタクシから見ますと、両翼ともに「感覚的」になってしまっているような気さえします。

 いつも言う通り、鳥は片翼では飛べません。両翼をバランス良く、つまり、感性と理性をバランス良く備え、使っていかなければ、未来に向って飛翔できないのであります。

 というわけで、上の写真の安倍さんのように、両翼の真ん中に位置するべき「日本」という国は、そのバランスを取って行きたいですね。なんだかんだ安倍さんは、右からも左からも批判され続けましたから、そのバランスが取れていたのかもしれません。

 はたして、菅総理はいかに。

| | コメント (0)

2020.09.21

キャメロン・カーペンター 『バッハ 無伴奏チェロ組曲より』

Cameron Carpenter - Johann Sebastian Bach - Cello Suite Elaboration

 

 がベースで、私はチェロでこの曲を練習しておりますが、いろいろな模範演奏を聴いている中で、これが一番ぶっとんでました(笑)。

 オルガニストのキャメロン・カーペンター、歴史的なパイプオルガンに飽き足らず、自分専用のデジタル・オルガンを開発してしまいました。

 たしかにオルガンは、その発音機構からしてデジタルで再現しやすい楽器です。様々な倍音の組み合わせによって音色を作るわけですからね。

 それにしても、彼はファッションも含めて、かなり未来的ですよね。

Th_-20200922-213937 私は中学生の時から、バロックとロックは「ゆがみ」「ひずみ」という面(楽器の音質も含む)、それから一定のリズム、和音進行やメロディー生成のクリシェという面から、どこかつながるところがあるなと思っていました。というか、自分がロックからバロックにすんなり移行したことが、そのなによりの証拠だったわけです。

 そういう意味でも、キャメロン・カーペンターの音楽に対する姿勢には、バロックとロックを感じますね。

 おそらくこの発展(Elaboration)については、大バッハも「やるな」とニヤつくと思いますよ。楽器も含めて。

 キャメロン・カーペンターはコロナ禍においても、その楽器のモビリティを活かして、路上ゲリラライヴをやっているようです。素晴らしいと思います。

| | コメント (0)

2020.09.20

『さらば映画の友よ インディアンサマー』 原田眞人監督作品

 

 日の「そこまで言って委員会」はチャップリンの名作を通じて、近代、現代を見直すという企画で非常に面白かった。チャップリンは天才ですね。

 そこに原田眞人監督が出ていて、最後にこの映画のDVDの宣伝をしてくれました。40年近くを経て、ようやく私の夢がかなったことを知りました。やっと、やっとDVD化されたか。

 大学生の時、昼間この映画がテレビで放送されていたのを偶然観て、ものすごく感動したのです。しかし、その後、観る機会が全くなかった。ある意味、私の映画体験の(幻の)ルーツなのです。

 上に貼ったDVDの予告編を観て、あまりに自分の記憶が鮮明だったことに驚きました。あれ?これならDVD買う必要ないなと。完全に脳内に録画されているのですから。それほど衝撃的というか、共感をしてしまった映画だったのです。

 実はこの映画については、8年前にブログで紹介しています。そこにもその記憶を辿って、かなり詳しく内容が書いてありますね。もう書き加えることはありません。あえて言えば…そっかあ、私が「任侠ヘルパー」で草彅くんと共演(?)してから、もう8年も経ったのかあ…という感慨くらいですかね(笑)。

 今日の「そこまで」で、原田監督は「拙い作品」と言っていました。たしかに今の原田監督からするとそのとおりです。当たり前です。しかし、やはりどの監督さんもそうですが、デビュー作というのは圧倒的に眩しい出来になりますよね。

 そして原田監督、ハワード・ホークスへの思いを語っていました。そうかあ、この映画にはハワード・ホークスへの思いが込められているのかあ…それは今日まで気づきませんでした。それを確認するためにDVD買おうかな。もちろん川谷拓三さんの名演、そして浅野温子さんの刺青ヌードのためにも!

Amazon さらば映画の友よ インディアンサマー

| | コメント (0)

2020.09.19

久しぶりのジャズ・ライヴ

Th_img_6834 日は、ふじさんホールにて、ウチの学校のジャズバンド部主催「BIG BAND JAZZ JOINT LIVE 2020」を鑑賞しました。

 本当に久しぶりの音楽ライヴです。客席は1席ずつ間を空けてという形、大きな声はNGでしたが、こういう時間と空間を待ちわびていた皆さんの秘めたる熱気に溢れた、素晴らしいライヴでした。

 前半は我が校のジャズバンド部、後半はゲストの内堀勝ビッグバンドの皆さんの演奏。

 やっぱり生はいいですねえ。ここのところ、ずっと映像でライヴ体験してきましたから、なんか懐かしいというか、改めてライヴの良さを痛感させられましたね。

 内堀さんやゲストのボーカリスト三橋りえさんもおっしゃっていたとおり、このような世情の中、こうしてホールでの本格的なコンサートを実現したことが、まずは画期的だったと思います。

 生徒たちや先生は、もろもろの企画や準備の段階から例年の数倍大変だったと思いますが、その分、こうして生で音楽を共有することのありがたさ、尊さを再確認する機会になったのではないでしょうか。

Th_img_6835 ゲストバンドの演奏者の皆さんもまた、久しぶりのステージということで、いつも以上に一つ一つの音符を楽しんでいるように感じました。そうですね、プロの皆さんこそ、深く感じ入るものがあったことでしょう。

 こうして、日常が戻りつつあるのも事実ですが、しかし、これから寒い季節を迎えるにあたって、どのような試練が訪れるか分かりません。だからこそ、ただ「戻る」のではなく、当たり前だった一瞬一瞬を大切にしていきたいですね。それが私たちのバージョンアップそのものとなるのですから。

 皆さん、本当にありがとうございました。私も今後、バロックだけでなく、珍しくジャズの仕事が控えています。今日のライヴを良い刺激として頑張ります。

 最後に、中高生バンドと共演してくれた、都留市出身の新進サックス奏者石井裕太くん、すっかりプロらしくなり、その演奏も正直見違えるほどにうまくなっていました。今回の内堀勝さんのバンドでの演奏も、きっと素晴らしい学びの機会になったことでしょう。これからの活躍に大いに期待したいと思います。

| | コメント (0)

2020.09.18

『東大理III 合格の秘訣35 2020』 「東大理III」編集委員会 (データハウス)

Th_41ifnepfmcl_sx325_bo1204203200_ 日、学校に献本が届きました。

 この春の卒業生が見事東大理IIIに現役合格しまして、彼の体験談がこの本に掲載されました。

 錚々たる伝統的進学校が並ぶ目次の中に、地方の地味な本校の名前があって、なんとも言えない感慨を覚えました。

 中学から6年間、彼の学校生活をずっと見てきた(眺めてきた程度ですが)者として、あらためて彼の残した偉大な結果と足跡に、純粋に敬意と感謝の気持ちを抱きます。

 彼には中学入学以前に、すでにしっかりとした学習の基礎がありました。それは公文で培われたものです。

 中学時代は勉強だけでなく、部活動や生徒会活動、そして体験談にも書かれていたとおり様々な行事に積極的に参加し、人間として幅を広げました。ウチの学校が彼に寄与した部分があるとすれば、そこくらいでしょう。

 高校での学習については、正直、学校だけでなく塾の先生方の指導のお陰様の部分が大きいと思います。

 クラス担任やクラスメイトに恵まれたのも事実ですが、このような快挙というのは、やはり彼を取り巻く全ての人たちの力の結集でしょう。もちろん素晴らしいご家族の恩恵は言うまでもありません。

 そういう意味では、本校もまた彼と彼を支えてくれた全ての人々のおかげで、この名誉を得ることができました。違う言い方をすれば、本校の果たした役割はそれほど大きくないということでもあります。

 私はよく言うのですが、学力のことだけで言えば、東大に合格するような生徒は、どこの学校に通っても、あるいは通わなくても(実際そういう例がこの本にもありました)結果は出せると思います。

 逆に言えば、ウチの学校に来たからと言って東大に行けるわけではありません。ただ行くだけだったら、他の有名校の方がいいでしょう。

 しかし、学校としてできることと言うのは案外勉強以外の部分に多くあり、その面について言うと、幅広い個性を持った幅広い層の生徒が共存するウチの学校は違った価値があると思います。そういう意味で、本校での独特な体験が、彼の将来の医師としての人生に、なんらかの好影響を与えるのではないかと期待をするところです。

 コロナ禍で彼もこちらにずっといて、時々学校に遊びに来ていましたが、ようやく東京に旅立ったようです。

 この本で語った夢を実現できるよう、ぜひ勉強に遊びに趣味に頑張ってもらいたいと思います。

 

Amazon 東大理III 合格の秘訣35 2020

| | コメント (0)

2020.09.17

菅菅諤諤?その後

Th_-20200918-91049 っそく麻生さんがやらかしてくれています。

 「菅内閣」「菅政権」を「カン内閣」「カン政権」と言ってしまったとか(笑)。

 かつて「カン内閣」「カン政権」が実際にあった、それも敵対する側にあったから、これは実に面倒くさい。

 こうやって言い間違ってくれればまだ分かりやすいが、書き言葉となるともう本当に「菅菅諤諤」であります。

 このことについては、実は7年前に記事にしております。

 菅菅諤諤?

 あの頃は、スガさんは官房長官でしたから、まだ良かったけれども、いよいよ(7年前はご本人も想定していなかったでしょうね)総理大臣になっちゃいましたから、ますます「菅菅諤諤」な状況ですね。

 漢字が苦手な麻生さんが、「内閣」や「政権」といった音読みに引っ張られて、ついつい「カン」と言ってしまうのは仕方ない…いや、さすがにダメか(笑)。

 ところで、この記事、自分で言うのもなんですが、今読むとなかなか秀逸です。ちらりとさりげなく極秘情報も書かれていますし。

 その後の様々な調査からも、この記事の最後に書いた結論は、単なる偶然ではなく、それこそ「因果」であるなと実感しております。

…西から東北へ行った「すが」さんと、中央から東北へ行ってそこから西に流された「あべ」さんの連合軍が、ずっと西にいた「カン」さんのしでかした東北での不始末について、侃侃諤諤を繰り広げるのは、まあなんとも因果なことではありますな。

 つまり、そのストーリーから言えば、今回の安倍→菅の流れは、「東日本」の復権を象徴しているようなのです。

 私の歴史カン(観・感・勘)というのは、こんなふうでして、すなわち、歴史をリニアな一本の線で捉えるのではなく、また単なる「繰り返す」的なサイクルで捉えるのでもなく、未来に視点を置いて、現在(は瞬時に過去になる)と過去を透視投影的に見るやり方であります。

 これは地球上では全く論理的、学問的ではないとされる技法です。よって、こじつけ、妄想、トンデモ、ハッタリ、などと言われるわけですね。

 しかし、この方法、期せずして仲小路彰のそれと同じでした。彼の言説が学術的にはなかなか受け入れられないけれども、しかし現実には大きな影響を与えていたというのも、なるほどと首肯されるのであります。

 さてさて、その壮大なストーリーは今後どのように展開していくのでありましょうか。未来からよく観察してみたいと思います。

 

| | コメント (0)

«菅内閣誕生