2022.11.27

「切り替え」ということ

Th_-20221128-124833 日は多くの日本人が落胆したことでしょう。そう、サッカーワールド、コスタリカ戦です。

 考えてみれば、ドイツ戦が始まる前、あるいはその前半までは、「やはり厳しいな」と思っていた日本人が多かったに違いない。ただ、その時の状況に戻っただけなのに、なぜこれほどに脱力するのか。

 これは、最近私が好き好んで語っている「過去はいいことも悪いことも含めて全部ウンコだから、とっとと水に流せ」そのものです。

 ドイツ戦で奇跡的逆転をしたという良き過去に多くが囚われ、つまり意気軒昂ととなり、期待大となり、興奮していたところ、現実の冷水をかぶらされた。すると、今度はその悪しき過去に囚われる。

 そうした浮き沈みさえもウンコであるわけですが、人はどうしてもそれを拭い去れない。さらに困ったことには、社会全体がそういうムードになったりする。マスコミやネットのせいだけではありませんよ。

 お釈迦様はこういうことに警告を鳴らし続けたのでしょう。過去はウンコとは言っていませんが、過去は「カス」とは言っています(カスはウンコの意味なのですが)。

 因果応報、前世からのカルマを語る仏教が過去をカスというのはおかしい、と言う人もいるでしょう。いやいや、お釈迦様は、まさにそうしたカルマ(ウンコ)から解脱せよと言っているのです。

 そういう意味で、ドイツ戦直後、そして今回も試合終了後数秒で「切り替え」を訴えた本田圭佑はすごい。本当のプロだなと感じました。

 彼の解説ぶり、あるいは選手の呼び方など、どうも宇宙人っぽいところがある。昨日紹介した岡本太郎に通ずるモノを感じますね。

 一流とはつまりそういうモノなのかもしれません。

 さあ、「窮すれば変ず」。もう最初から十分窮しているのですから、どんどん変じていきましょう。ウンコを拭い去り、水に流して。

| | コメント (0)

2022.11.26

展覧会 岡本太郎 (東京都美術館)

Th_-20221128-115255 日の高城さんの映画を観る前には、こちらを鑑賞。いや、体験。

 岡本太郎とは、私も浅からぬご縁をいただいてまいりました。

 いや、もちろん直接のご縁ではありませんよ。間接的ではありますが、霊的にはかなり近い関係にあると思います。

 本職?人間だ。とありますが、これは嘘でしょう。どう考えても宇宙人ですよ!

 宇宙人が言うのだから間違いない(笑)。

 この展覧会、まず「撮影可」というのがすごい。世界、特に日本の世間に対する、これまた挑戦の一つでしょう。

 私もパチパチ撮ってきましたが、あえてそれを掲載しないこととしましょう。なぜなら、撮影してきた写真たちは、あくまで記録でしかなく、どう考えてもホンモノの1%も再現していないからです!

 正直やられたと思います。撮影可と聞いてまんまと喜んでパチパチやってきてしまったワタクシ。うわぁ、岡本太郎に鼻で笑われている! 

 スマホという未来の利器を持つ人間(猿)としては、素直に恥じ入りましょう。

 そして、それはまた序の口であって(実際入口からやられた)、歩を進めるごとに、もっともっと私たちは岡本太郎に刺激され、騙され、嘲笑され、怒られるです。その快感たるや!

 いやはや、本当にすごい。なんだこれは!?ですよ。

 というわけで、理屈抜きに「やられたい」方は、ぜひ展覧会場へ。そしてまんまと写真撮って帰ってきてください(笑)。

 公式サイト

| | コメント (0)

2022.11.25

高城剛 監督・脚本・撮影作品 『ガヨとカルマンテスの日々』

 

 督・脚本・撮影ほかを担当した高城剛さんからお誘いいただき、明日から公開の映画『ガヨとカルマンテスの日々』のワールドプレミア試写会に行ってまいりました。

 いやはや、すごかった。言葉ではなかなか表現できない感動がありました。映画はモノすごい。そしてその映画というメディアのあり方がまた、モノすごい勢いで変わっている。

 古典的な映画芸術文化に、未来的なテクノロジーが見事に融合し、そして現在を映す。あらためて総合芸術たる映画の可能性を感じましたね。

Th_img_0803 久しぶりに高城さんとお会いし、しばしお話もさせていただきました。なんか、私の印象が変わったそうです。それはそうですよね。あまりに生活が変わってしまいましたから。高城さんのせいですよ(笑)。

 そして、お互いびっくりしたというか感心したのは、僭越ながらも私が昨日講演で話したことと、この映画の内容があまりにもかぶっていたことです。

 いやはや、やはり彼とは高次元でつながっているのだなあと改めて思いました。きっと情報ソースが同じなのでしょうね。もちろん、彼と私とではタレントが全く雲泥の差なので、その表現方法や質は全く違いますよ!

 芥川龍之介の原作を社会主義国キューバで撮影したということを聞いた時は、正直どういうことなのか、どうなっているのか、全く想像もできなかったのですが、作品を観てよくわかりましたよ。なるほど天才の考えることは違う。たしかにベストな選択でしたね。 

 そして役者さんたちが本当に良かった。そういう意味でも、これは日本では撮れない。

 ご本人「相変わらず狂っているので(笑)、4本同時に撮ってた」とおっしゃっていました。ほかの作品もたぶんぶっ飛んでいることでしょう。

 そのいずれもが「未来のドキュメンタリー」。なるほど。出口王仁三郎や仲小路彰も同じ感覚だったのでしょうね。そこには警告だけでなく、ある種の希望も表現されている。

 私も彼らのような天才の足元くらいには到達したいなあ。

Th_movie_poster 上映後の懇親会会場では、高城さんはもちろん、私の人生を大きく変えてくれたたくさんの知人に会うことができました。高城さんとのご縁がいかに大きかったか、つくづく再認識した夜でした。ありがとう。これからもいろいろ学ばせてください!

 この映画、世界展開の前に、明日から日本にて1週間限定上映です。ぜひ、皆さま、特に私の話を聞いてくれた方々には観ていただきたい!ぜひぜひ!

 NEXTRAVELER公式サイト

 

| | コメント (0)

2022.11.24

清らかさと大和魂(グレートにこにこ)

Th_-20221126-103439 日は東京赤坂にて講演をさせていただきました。

 冒頭でお話したのは、昨日のサッカー、ドーハの奇跡についてです。

 サッカーの起源と性質が、実はヨーロッパ的な汚れの波動を持っていること、そして日本のサッカー選手たちとサポーターたちが掃き清めていること。

 ある意味私らしい(?)宇宙的視点からの解説をいたしました。面白かったでしょうか。

 「清らかさ」こそ、日本古来の最高の価値観であります。神道の根幹は「清浄」にあります。

 日本がワールドカップサッカーを通じて、汚れ果てた世界に清らかなメッセージを送っていると見ると面白いですね。

 さらにサッカーのみならず「戦い」の場で称揚される「大和魂」という言葉。

 これもまた一般には間違った捉えられ方をしています。

 「清浄」を国粋主義、軍国主義的な、国家のために命を捨てる覚悟として利用し始めたのは、近代になってからです。

 本来「大和」とは、大いなる「和」ということ。

 「和」とは、最もわかりやすく説明すると「にこにこ」になります。実際、「にこ」に漢字を当てると「和」なのですよ。

 ですから「大和」とは「グレートにこにこ」なのです。

 「清らかさ」が生む「にこにこ」こそが、本来の「大和魂」なのでした。

 勝って歓喜に湧いたあと、あのように感謝をもって「場」を清めることにより、相手チームや相手サポーターはもちろん、世界中の人たちの心をも清め、そして微笑ませる…本当に素晴らしいことだと思います。

 これこそ「事向け和す(ことむけやはす)」ということです。「こと」とは「言葉」のことではありません。言動の向こう側にある「意識」なのです。

| | コメント (0)

2022.11.23

テレマン 『ヴァイオリンとチェロ、通奏低音のためのトリオ・ソナタ』

Th_img_0724 日は、もう40年来のおつきあいとなる、バロック・ヴァイオリニスト赤津眞言さん率いるアンサンブルのコンサートがありました。

 山中湖の教会の一室をお借りし、まさに目と鼻の先で世界最高水準の演奏を堪能できる、大贅沢な時間と空間でありました。

 演奏会後には懇親会があり、赤津さんはじめ皆さんから貴重な、貴重すぎるお話をうかがうことができました。ありがたや。

 今回も赤津さんらしくマニアックなプログラムだったのですが、そのストーリーの中心となるのはテレマン。つまり親鸞聖人です(笑)。

 昨日の話ではないのですが、バッハとテレマンは、まあ最澄と親鸞みたいな対比がありますよね。バッハの音楽は法華経的ですし、テレマンは阿弥陀様的です(変かな?w)。

 いやいや、そういうことではないな。やはり、出口王仁三郎が言うように「芸術は宗教の母」であって、音楽は宗教の上位概念ですから、バッハもテレマンも同等であり、実は同質でもあり、対比的に聴いてしまうのは、それこそ私たちが凡夫だからでしょう。

 懇親会にて、教会の牧師さまが「日本人として西洋の古楽をやる意味とは」という大切な質問をされていました。それは当然、ご自身の「日本人がキリスト教を信仰する意味」という問いが重ねられているわけです。

 不遜ながら申し上げますと、そのような問い自体が、もしかすると私たちに迷いを生むのかもしれませんね。宇宙的な視点からすれば、私たちの感じる、あるいは学んだ時間的、空間的差異というのは無限に微小なものですから。

 と、まあ小難しいことはいいとして、本当に素晴らしい演奏会と懇親会でした。なにしろ、純粋に音楽が素晴らしかった。特に最後に演奏されたテレマンのトリオ・ソナタは隠れた名曲ですね。この曲は知りませんでした。

 

 

 

 

 バッハとテレマンといえば、対照的でありつつ、仲良しでもあり、結果として二人の間に育った次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハが最強という気もしてきます。

 今日も次男バッハの曲が演奏されました。蛇足ですが、その曲で赤津さんが演奏したヴィオラは私の楽器でして、上2本の弦はシルク(絹)弦が張ってありました(上の写真に写り込んでいます)。いい音でした。一流の演奏家の方に弾いていただき光栄です。

| | コメント (0)

2022.11.22

法華経は誰のための教えか

 日のバッハの幻想曲の中間部は、仏教的に言うと(?)「阿弥陀如来来迎」ということになります。いや、まじめな話、そういう宗教的なイメージをもって作曲されていると信じます。

 先日、比叡山延暦寺に行きましたが、そこで修行した私の知人の僧侶に言わせると、正直難行苦行の連続であり、汚い言葉でいうなら「いじめ」が横行しているとのこと。これは延暦寺に限らず修行寺ではよくあることです。

 難行苦行を経て、その無意味さに気づかれたお釈迦様の教えと根本からして矛盾しているのは、ある意味面白くさえありますね。

 最近、法華経に触れる機会が多いのですが、その法華経も大変素晴らしい内容であると感じる一方で、反面凡夫には厳しすぎる、ある種のいじめだなと感じるのも事実であります。

 比叡山に20年もこもっていた親鸞もそれを感じたようで、結果として山を下り、ダメ人間でも救われるという浄土真宗を開きました。

 そのあたりの事情について、わかりやすく解説された動画がありますので紹介します。

 私は既成仏教を超える未来仏教を研究しているので、最澄派でも親鸞派でも日蓮派でも栄西派でもないのですが、この仏教の矛盾には興味があります。それをどう乗り越えるか。私はおそらく阿弥陀様にすがることはないでしょう。

 では、どうすればよいのか。バッハの音楽には、そのヒントがあると思っています。

 

| | コメント (0)

2022.11.21

バッハ 『幻想曲ト長調(BWV 572)』

 

 れはぜひヘッドフォンで聴いてほしい。私はこちらのヘッドフォンで聴きましたよ。すごい。

 比較的若い頃の作品とされており、たしかにバッハ的というよりブクステフーデ的ですよね。両端の部分はその若さのエネルギーがほとばしっていますが、中間部の対位法はさすがバッハという感じ。すでに師匠を超えていますね。

 この曲を初めて聴いたのはシンセサイザーの演奏でした。そう、伝説の「デジタル・バッハ」ですよ。

 これについては、王仁三郎のいたずらで本当に不思議な出会いがありました。

 その顛末については、以下の記事に書いていますが、そこにもこの幻想曲について書いていますね。若きワタクシにとって、それほどに衝撃的だったということです。

 デジタル・バッハ

 デジタル・バッハ(その後)

 そして、それをいよいよYouTubeで聴けるようになりました。ぜひお聴きください。

 

 

 最後に楽譜を目で追いながらお聴きください。中間部最後の低音の上昇と降下は、視覚的にも昇天と復活という感じがしますよね。

 

| | コメント (0)

2022.11.20

比叡山延暦寺の護良親王碑

Th_img_0597 の日は比叡山延暦寺へ。

 根本中堂は大改修工事中です。そのすぐ近く、出世大黒天の隣にあるのがこの「大塔宮護良親王御遺跡」の碑。

 目立つ場所にありますが、お参りする人はほとんどいません。

 後醍醐天皇の第三王子、護良親王はここ比叡山で修行し二度にわたって天台座主(延暦寺トップ)になっています。

 これは、その才智と武芸的実力を恐れた父後醍醐の画策とも言われています。

 のち還俗して護良親王として活躍するわけですが、天台座主当時から仏道に勤しむというよりは、僧兵たちと武芸的訓練に明け暮れていたようですね。

 一昨日と昨日の記事がたまたま、南朝、後南朝の話になりましたが、ここ比叡山もそういう意味ではまさにその動乱期を用意した場でもあるわけです。

 そして、我が山梨県都留市には、護良親王のものと言われる首級が存在します。

 最初は全く意識していませんでしたが、今回の旅は南朝、後南朝の霊跡をたどるものとなったのでありました。

 この碑がいつ作られたものか確認してきませんでしたが、おそらく南朝顕彰の盛んだった明治期なのではないでしょうか。

 それにしても、延暦寺がいろいろな時代に歴史を作ってきたのだなあと、今更ながら痛感した次第であります。

| | コメント (0)

2022.11.19

渡岸寺観音堂 十一面観音像

Th_img_0558 の長年の望みを叶えるべく、滋賀県長浜市の渡岸寺観音堂(向源寺)を訪れました。

 国宝、十一面観音立像に会うためです。

 完璧な紅葉に囲まれた収蔵庫の慈雲閣にお立ちになっている観音様は、本当に美しく、厳かで、なるほど仏像好きな母が憧れ続けていただけのことはありました。

 母は東京国立博物館で拝観したことはあるとのこと。私は全く初めてです。

 この特設の慈雲閣では、お姿を四方から拝することができます。本当に完璧なフォルムですね。

Th_20120610194607 腰を微妙にひねり、踵を浮かせて前進する寸前のエネルギーを、能を学んでいる次女はいち早く感じていたようです。

 平安初期の密教的な造形。昨日の「サムハラ」に通じるモノを感じつつ、日々の想定外の連関に驚きを感じずにはいられませんでした。

 まさに1200年前の人々の願い、祈りという「ことたま(意識のエネルギー)」が、私たちの上空を超えて未来にまで届いているということを実感します。

 さあ、この世にシャンバラ(みろくの世)は流れ来るのか。時の上流に目を凝らしていきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2022.11.18

サムハラ神社 奥の院(と後南朝)

Th_img_0235 の日は、岡山県津山市にあるサムハラ神社の奥の院を参拝しました。初めてです。ようやく実現。

 サムハラ神社は謎の多い神社です。その創建や祭神も正直よくわかりません。

 正直、スピリチュアル系ブームといった側面も否定できませんが、たしかに現地の山全体が神がかった感じはありました。

 少し冷めた視点で考察しますと、国語史的には「サムハラ」は「シャンバラ(Shambhala)」だと思われます。仏教(特に密教)における理想郷。

 いわば「みろくの世」であり、そこから出口王仁三郎にも植芝盛平にもつながり、負の側面としてはオウム真理教の日本シャンバラ化計画にもつながってくるのでしょう。

Th_img_0234  弾除けとしても信仰されたあの謎の漢字(のような4文字)は、最初と3番目が同じ文字ということから、もともとは「サムハラ」ではなく、別の読み方をしていたと思われます。

 どこかでシャンバラ信仰と習合したのでしょうね。

 あと、ワタクシ的には信州浪合の「寒原峠」が気になります。浪合と言えば南朝、後南朝。彼らは密教の力を利用しました。そこでシャンバラとつながるのです。

 そして、津山や美作には後南朝伝承が色濃く残っているのでした。実は日詰山で感じたのはそれなのです。これからいろいろ調べてみようと思います。

 

| | コメント (0)

«ポメラ DM250 (キングジム)