2020.02.26

仲小路彰の未来的教育・学校論

Th_-20200226-152842 日は二・二六事件当日から84年の日でありますが、また一方で、仲小路彰の天才思想家、歴史哲学者、仲小路彰の誕生日でもあります。

 下の文章はその仲小路彰が(おそらく)昭和29年に記したものです。

 今から65年前(私が生まれる10年前)に、このような22世紀的な教育観、学校観が提示されていることは、まことに驚異であります。

 今まさにワタクシが目指している「旧来の教育・学校をぶっ壊す」計画の向こう側にあるのは、このような思想であり、また理想であります。

 仲小路はおそらく22世紀の未来の記憶を思い出して、このようなことを書き残したでしょう。

 おそるべきは、仲小路が65年前に否定した「現代教育」が、今でもそのまま、全くそのまま残っていることです。それほどに、私たちの敵は強大であり、堅牢なのでありました。

 だから命がけで「決起」しなくてはならないのです。今は敵陣のど真ん中におりますが、あえてそこにいながら戦うつもりです。

 仲小路彰は、この文章をまだ半世紀続く20世紀のために書いたのか。それとも21世紀のために書いたのか。あるいは22世紀のために書いたのか。

 今、私が構想している(未来からダウンロードしている?)プランについては、一部の方々にはお伝えしていますが、まだまだ茫漠としています。しかし、確実に「未来の記憶」は時間の川上からこちらに近づいてきていますので、日々確実に、具体的、明確なものになっていくと信じます。

(以下引用)

 現代教育の最大の問題は、学校教育をのみ教育として、学校をのみ教育の場所とする誤まれる固定観念である。

 かつて学校とは、絶えざる試験と点取り競争の斗争場であり、まさに格子なき牢獄として、青少年の希望多き日々を、拭えざる劣等感によって汚染した。

 しかも一度社会生活に入るや、すべては忘却の淵に投ぜられ、時折、恥多き思い出の記憶をよび起す苦い体験を、殆どすべての人びとがひそかに胸奥に秘めている。

 そこでは、若い者は勉強が嫌いで、かつ怠堕であるという根本的考えがすべてを支配しており、措置からの詰込主義と強制的な服従が強要された。

 現代に生きる多くの社会人の思い起すー木造のあるいはコンクリートの殿堂は、生徒と先生の抹消的機智の斗争場であり、しばしば腕力の斗争場ーさらに対社会的反抗のバリケードでもあった。

 このように卑近な日常的現実に取材されながらも、なお学徒の感覚にあまりにも縁遠いと思われる教科内容ーしかもそれが片々たる過去的現実の断片の羅列であるとき、学徒の心が遠く窓外の解き放たれた自由を思い、あるいは退屈な講義に居眠りすることもまたやむをえないことであった。

 しかし今日、このように閉された教育に対する固定観念は一掃されねばならい。

 そして人生全体が偉大なる人間教育とされ、世界そのものがすばらしい学校とされる新しい教育の根本原則が確立されねばならない。

 人間の社会生活そのものが学校であり、教育である人間教育の在り方が明確にされるとき、かつてのあまりにも限られた教育は根底から変革されるであろう。

(仲小路彰「明日のための人間教育ー教育・倫理・女性ー」より)

 

 ちょうど林千勝先生が、仲小路彰について語った動画が公開されました。ぜひご覧ください。

 

 

Amazon 仲小路彰 「未来学原論」

| | コメント (0)

2020.02.25

伊牟田伸一 『安藤輝三物語』

Th_-20200226-160229 日は安藤輝三の誕生日です。

 安藤輝三は31歳の誕生日を迎えた次の日、二・二六事件を起こしたのです。

 もちろん安藤輝三だけの力で二・二六事件が起きたわけではありませんが、やはり事件の未来的意味、特に鈴木貫太郎ののちの働きを考えると、日本の、世界の、地球の運命が、ある意味冷酷な形で安藤輝三の身に降りてきたということだと思います。

 31歳の誕生日を、いったいどのような心持ちで迎えたのか。想像するに、なんとも苦しいものがこみ上げてきます。

 しかし、84年たった今、ようやく一つの答えが安藤輝三の元に届きつつあります。一人の人間の人生の尺度からすると、あまりに長い物語。その結末を知らなかった本人の「今ここ」は、おそらく深い深い闇の中であったことでしょう。

 しかし、彼が、ある意味自分の意志に反してまで決起した理由は、おそらく彼が想像し得た最高の「神」である天皇をも超えたところから、彼に降りてきたのだと思います。

 おそらく、その小さな、しかし確かな光が、誕生日を迎えた安藤輝三には見えていた、いや見えていなかったかもしれないけれども、その光は間違いなく彼を導いたのです。

 そんな安藤輝三について、日本陸軍研究科の伊牟田伸一さんが詳しく語った動画がありますので、紹介します。私とは全く違った視点での研究ですが、それももちろん大切なことですし尊いことです。ぜひご覧ください。

 

 

| | コメント (0)

2020.02.24

田中英道 『徐福・来日伝説は本当だった』

Th_img_5961 日、学校に一冊の本が届きました(実際にはある方にも届けてほしいと、もう一冊入っていました)。

 私の住む村出身で、退職後地元に戻って「宮下文書」を独自に研究されている方のご著書。

 『宮下文書』の科学的検討 第1巻

 私などとても及びもつかないほどの熱心な研究態度と成果であり、その豊かな内容に正直驚きました。

 本文の冒頭には、拙ブログのこの記事を引用してくださっています。実は富士山は太陽系最大の火山の名残であるというお話です。ありがとうございます。

 太陽系最大の火山(日本の東方沖)

 さて、いただいたご本は、これからじっくり読ませていただくといたしまして、今日はタイミングよくこの動画を観ました。

 アカデミックな世界では無視され、嘲笑されてきた「古史古伝」について、こうしてアカデミックな(東北大学の名誉教授)が少しでも取り上げてくださり、まさに「科学的」な研究の上に徐福来日を肯定してくれているのは画期的なことです。

 

 田中英道さんとは、いつか、宮下文書について、富士高天原について、東国の縄文王朝について、聖徳太子について、ダ・ヴィンチについて、仲小路彰についてお話をしたいと思っています。

 こうして、皆さんのおかげさまで、今まであちこち散らかっていた私の経験と直観が統合されていく感覚があります。感謝です。

| | コメント (0)

2020.02.23

『全貌 二・二六事件 ~最高機密文書で迫る~ 完全版』(NHK BS1スペシャル)

Th_-20200224-125932 皇誕生日にして富士山の日。2月23日は安藤輝三にとって大変重要な日でもあります。

この日にふさわしい、すごい番組でした。完全版。

 8月に放送された時も、かなりの衝撃でしたが、この完全版にはさらなるメッセージを感じました。自分の人生が動かされます。動きます。決起します。

 完全版に加えられた、関係者の言葉たちの重さ。特に「教育は恐ろしい」という言葉。そして、安藤輝三大尉のご次男日出雄さんも登場され、あのことについて語っておられました。

 2月26日午後7時から再放送があります。皆さん、ぜったいに観てください。

 今日は、ここに昨年8月の放送時に書いた記事と、日出雄さんが語ったことについての昨年4月の私の記事を転載しておきます。お時間のある方にはお読みいただきたいと思います。

 2019年8月17日の記事

 送当日観ることができなかったこの番組を今日観ました。これは「やばい」ですね。本当に驚きですし、ある意味初めて納得できた部分もありました。

 まさか海軍がここまで情報を持っていたとは。しかし結果としては、事件後に陸軍の力が強くなってしまった。正直、海軍は情報を持ちすぎていたために道を誤ったのかもしれません。

 だいたい、事前に詳細な予測ができていたのに、それを止めることができなかった。いや、あえて止めなかったのか。陸軍内を分裂させるつもりだったのか。本気で陸軍と市街戦をやるつもりだったのか。国会議事堂を長門が砲撃していたら…。

 私としては、やはり安藤輝三の自決未遂の前後の描写が辛かった。ある意味、あの自決が陸軍の分裂も、陸海軍の衝突をも回避させたのかもしれません。

 そして、この事件をきっかけに日本は戦争に向かっていったというのは簡単です。表面的にはたしかにそうでしょう。しかし、本質はもっと深く高いところにあるような気がします。

 事件が決行され、失敗し、鎮圧され、天皇と陸軍の権威が増し、開戦、そして壊滅的な終戦。冒頭語られているとおり、天皇の心に「終戦の聖断」と「二・二六事件」が特別な影を落としているとすると、その二つの「決断」の裏に鈴木貫太郎がいることを忘れてはいけません。

 二・二六事件においては間接的ではありながら天皇に決断させ、聖断においては直接的に天皇に決断をさせたのが鈴木貫太郎です。つまり、あの暗黒と思われる日本のある時代を生み出したのも終わらせたのも鈴木貫太郎であったとわけです。

 いわゆる一般的な時間観、因果論で言うなら、たしかに二・二六事件がのちの戦争の原因になっていると言えましょうが、私の宇宙人的(?)時間観、因果論で言うと、あの終戦の聖断のために開戦があり、その開戦のために二・二六事件があったことになるのです。

 そして、今回、その聖断の原因がさらに未来にあることを確信したのは、今回の「最高機密文書」が、あの富岡定俊所有であったという事実です。

 そう、実は富岡定俊は、仲小路彰を心から慕い尊敬し、戦後も含めて多くの影響を受けていた人物なのです。

 昭和14年ごろでしょうか、総力戦研究所に「天才的頭脳を有す」として仲小路彰を推薦したのは富岡定俊です。そして、昭和19年に仲小路を山中湖に疎開させたのも富岡定俊。また、この番組の冒頭にも紹介されていたミズーリ艦上での降伏文書調印後、富岡の自決を思いとどまらせたのは仲小路彰です。

 そして、戦後、仲小路彰は自らの大著「ロシア大革命史」を富岡定俊の名前で刊行しました。また、仲小路が戦後展開した「未来学」を、経済などの実学の面で具体化したのも富岡でした。

 その富岡が、この二・二六事件に関する海軍の「最高機密文書」を保管していたという事実は何を意味するのでしょう。そしてそれがこの「未来」に白日の下にさらされることになった意味は。

 奇しくも、二・二六事件のその日は、仲小路彰35回目の誕生日でした。

 ついでに今日は私の誕生日…それは関係ないか(笑)。

 

 2019年4月11日の記事

 わず涙してしまうニュースでした。本当に本当に良かったと思います。なにか自分の中でも一つの区切りができたような気がしました。
 二・二六事件での、襲撃した側と襲撃された側とが、こうしてようやく一つになった。いずれも天皇のことを、日本という国のことを、国民のことを真剣に考えていたのに、あの時代の中でああいう結果になってしまった。
 しかし、それがのちの「開戦」と「終戦」を生むことになる。ここにさらに未来的な意味を見出さねばと思っていた私と家内にとって、このたびのこのニュースは一つの結論、ゴールを示すものとなりました。
 そう、こちらに書きましたとおり、私たち夫婦は3年前、安藤輝三大尉の墓前で偶然に、このニュースでも紹介されている安藤日出雄さんに出会いました。
 そして、そこで、まさに安藤輝三と鈴木貫太郎の話、さらに仲小路彰の話、出口王仁三郎の話をしました。二・二六事件がいかに未来的な事件であったか。安藤大尉も鈴木侍従長も、自らの命をかけて「天命」を全うしたのです。人間の微視的な感覚ではとても評価できるものではありません。
 私たちと日出雄さん夫妻とのお話が、その後の遺品発見、そして今回の奇跡的な和解、融合につながったとは申しません。ただタイミングが合っただけでしょう。しかし、巨視的に見れば、ここにも仲小路や王仁三郎の天からの意志が働いたとしか思えません。私たち夫婦もあの時は完全に動かされていました。
 本当に嬉しいことです。ぜひ、鈴木貫太郎記念館に赴き、安藤大尉の遺品を拝見しながら、天皇を中心とする「融和」「融合」「和解」がキーワードとなる、「令和」の未来について思いを馳せたいと思います。
 日出雄さんの、そして鈴木家の皆さんのご英断に心より感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2020.02.22

『永続敗戦論 戦後日本の核心』 白井聡 (講談社)

51t3veivhgl_sx359_bo1204203200_ の日…ですが、今年は「竹島の日」にちなんで、この本を読みました。

 読みました、というのは実はウソで、オーディオブックで聴きました。

 昨日から体調がいまいちで、今日はほとんど寝て過ごしたのですが、オーディオブックというのは実に便利で、寝ながら4冊の本を「聴きました」。

 「本を聴く」ことについては、後日書きます。書きたいことがありますので。

 さて、この本にも「竹島」の問題が一つの章として語られています。そこも含めて、白井さんは戦後日本の「国体」を「永続敗戦」であると憂えています。

 まあ、そうでしょう。敗戦国であることはたしかです。今でも、特にアメリカ政府と日本政府の関係を見ると、本当に戦勝国と敗戦国の関係だなと思います。実際、そういう裏話たくさん聞いていますし。ああ、生殺与奪だなと。総理も大臣も国も国民も。

 それはそれでしっかり受け止めなければなりません。しかし、ほとんどの国民はそういうことを知らないし、意識すらしない。日本は独立国だと思っているから、政府に対しても言いたいことばかり言う。そんな単純なものじゃありませんよ。命がけです。

 今回のウイルス騒ぎのシナリオさえ、アメリカに握られている。ドンパチ戦争の時、守ってくれるのかというような話ではないのです。憲法9条とか、いやその前に自主憲法とかいうレベルではないのです。

 まさに「戦後」を作った張本人(ただし黒幕)である仲小路彰が、どのような「戦後」と「戦後の終わらせ方」を考えていたのか、今それを勉強中です。

 仲小路の思想に少しだけ触れた上での私の感覚としては、日本古来の「国譲り」の作法によりながら、21世紀中になんらかの世界的大変動があって、結果として日本という伏流水が湧出するというイメージです。

 そういう意味では、「永続敗戦」という「無意識」こそ、私のよく言う「忘却による純粋保存」というモノそのものなのかもしれません。

 難しいけれども面白いですね。

 

Amazon 永続敗戦論

| | コメント (0)

2020.02.21

新型コロナウイルス情報 その4

20200222-120153 だでさえ忙しい季節なのに、新型コロナウイルスのおかげで、さらに忙しくなっています。

 修学旅行やら卒業(卒園)式やら入試やら、その他の行事の内容変更や延期、中止などの業務に追われ、本来やるべきことができない!本来の仕事をやるなってことですかね。やる気だったのに。根本的なところで「やめろ」ってことですかね(笑)。

 まあ私的なことはいいとして、その想定外の新型についてですが、ここ数日の間にも各方面からいろいろな情報が入ってきています。矛盾する情報も多く混乱気味ですが、まあ整理しますと、昨日の出口王仁三郎の言葉につながってくるから、まあ面白いものです。

 王仁三郎曰く「戦争と流行性感冒はつきものである」。

 そう、すなわち「戦争」と「流行性感冒」は同じモノなのです。それが明確になってきた。現代になって。

 情報その1からその3までに書いてきましたように、すでに私たちは米中の戦争に巻き込まれているのです。

 現代の戦争とは、そういう「モノ」なのです。ミサイルやサイバー攻撃は「コト」世界。コト世界はすぐに足がつきます。発射元、発信元がすぐわかる。

 しかし、「モノ」性が強くなると、それはモノノケですから、なかなか正体がつかめない。

 正確に言うと、ウイルスは情報兵器?に書いたように、ウイルスはある意味生物を装った「工業製品」ですので、モノを装ったコトです。モノとコトのあわいなんですね。だから、怖い。わかりそうでわからない。コントロールできそうでできない。

 そうそう、最近娘の影響で、ちょっとだけ「鬼滅の刃」を観たんですが、あの「鬼(モノ)」世界に近い怖さですよ。あれって、まさにあの時代の「流行性感冒」に対する恐怖を物語化したものですよね。

 それが現代の若者にもウケているというのは、実に象徴的であります。

 そして、人間はその「モノ(鬼・病気)」に対して圧倒的不利な状況で戦い続け、しかし最後には「陽の光」に助けられるという。

 今もそうじゃないですか。結局、「陽の光」が強くなって暖かくなれば、自然とパンデミックは収まります。それをじっと待っている状況じゃないですか。

 面白いのは、たとえば、今回のコロナ騒ぎによって、会社や学校が、急に休みやすくなったりする。今日も私自身ぶった切りましたが(笑)、今まで無批判に継続してきた謎の因習が、いとも簡単に変わったり、捨てられたりする。これって人智(コト)を超えていますよ。

 奇しくも高城剛さんが予言したとおり、パンデミックによって日本は無理やりアップデートされるのかもしれません。

 もちろん残念な一面でもあるわけですが、人間は、そうして戦争やパンデミックといった「つきもの」の力によってしかアップデートできないのかもしれませんね。

 そう考えてくると、たとえば「憲法9条」論議とかなんなの?ということになりますよ。憲法9条をアップデートするの?「軍隊」ってなんなの。もうそういう戦争はそういう次元ではないのです。

 続きはまた。

 

| | コメント (0)

2020.02.20

山口敏太郎 『預言者・出口王仁三郎の奇跡!三段の雛形思想、大本・日本・世界』

 日のプロレス話の続き?

 「オカルトは知的エンターテインメント」とはある意味至言でして、プロレスにも通ずることですよね。

 その「オカルト」や「プロレス」にもいろいろなレイヤーがありまして、山口さんがこの動画でおっしゃっている「ストロングスタイル」というのも、よくわかります。

 そんな山口敏太郎さんが語る出口王仁三郎はどんな感じでしょうか。

 

 

 まあ、世間一般からすればストロングスタイルなのかもしれませんが、プロレスがそうであるように、そのまた先に奥深い世界が広がっています。そちらに足を踏み入れた人間からすると、やはり「エンターテインメント」の領域での話かなと感じます。もちろん、そこに山口敏太郎さんの価値があるわけですが。

 ちなみに出口なおは天理教の信者だったのではなく、どちらかというと金光教寄りでした。根本的な部分ではいずれも同根なので大差ありませんけれども、いちおう訂正。

 私もよく存じ上げている櫻井喜美夫さんや出口光さんのお話も出てきて、やはり偶然を装った必然(シンクロニシティやセレンディピティ)が、王仁三郎周辺には普通にあるのだなあと感じました。よくわかります。

 さて時節柄、王仁三郎のこの興味深い話を引用しておきましょう。それこそ「オカルト」として一笑に付されるのでしょうね。そこに真理があっても。

 「玉鏡」から。

 本年(昭和九年)も大分流行性感冒がはやるようであるが、戦争と流行性感冒とはつきものである。あれは霊の仕業である。
 近年満洲事変(注・昭和6年)、上海事件(注・昭和7年)等で多くの戦死者を出したが、それに対して、禊の行事が行われていない。禊の行事の大切なる事は霊界物語に詳しく示しておいたが、昔はこの行事が厳格に行われたから、戦争などで沢山の死者があっても地上は時々に清められて、流行性感冒の如き惨害から免がるる事を得たのであるが、今の人たちは霊界の事が一切分からず、禊の行事などのある事をすら知らぬ人たちのみなるが故に、邪気充満して地上は曇りに曇り、濁りに濁り、爛(ただ)れに爛れて、目を開けて見ておられぬ惨状を呈しているのである。
 気の毒にもこうした事情を知らぬ世間の人々は、医師や薬にのみ重きを置いて焦心焦慮しているのであるが、霊より来る病気を体的にのみ解せむとするは愚かである。
 禊の行事の偉大なる効果を知る人は凶事あるごとに常にこれを行うべきである。さすれば一家は常に朗らかで滅多に病気などには罹(かか)らぬものである。

| | コメント (1)

2020.02.19

プロレスの日に

Th_202002190001099w1300_0 日はプロレスの日。プロレスファンなら、なぜ今日がプロレスの日か說明できない人はいないでしょう。

 それでもいちおう書きましょう。

1955年(昭和30年)2月19日、蔵前国技館において、日本初の本格的なプロレスの国際試合「力道山・木村政彦組 対 シャープ兄弟」が行われた。

 その日から、65年。そんなプロレスの歴史を支えた一人が引退しました。

 タイガー服部さんです。アメリカの道場でレスリングと柔道を教えていた服部さんは、誘われてプロレスのレフェリーを務めました。それが、1976年と言いますから、44年間ですか。

 その後は、全日本や新日本、ジャパンなどでレフェリーとして活躍し、ここのところは新生新日本でメインレフェリーとして同団体の隆盛を支えました。

 小さい体ながら、そのレスリング・テクニックはもちろん、セメントも強かったとのこと。そうした実力に加え、その人柄によって多くのレスラー、ファンに愛されました。

 ジャンボ鶴田 対 長州力、平壌でのアントニオ猪木 対 リック・フレアー、因縁の小川直也 対 橋本真也など、歴史的な試合でレフェリングを担当したというだけでも、まあプロレスの生き証人ですよね。

  オールド・スタイルから、最新の現代プロレスまで、見事に対応していましたね。本当にお疲れさまでした。

 まったく違う世界とも言えますが、これもまたプロレスの懐の深さ、裾野の広がりという記事をオマケに一つ。面白かった。

ドロップキックを1日で習得できるか? 女子プロレス団体に入門してみた結果…

 プロレスは素晴らしい。プロレスは永遠です。

 

| | コメント (0)

2020.02.18

submissive

Th_-20200219-120822 日はデンマークのコペンハーゲン大学の先生方と懇談いたしました。いつものとおり、客観的に日本の教育の良い点、悪い点を確認できる良い機会となりました。

 そこで、キーワードになったのが「submissive」でした。

 ちょうど、今日こんな記事がありまして、そこでのキーワードも「submissive」でした。

 カズ・ヒロさんは「日本の文化が嫌になった」とは言っていない

 

 さすがに朝日の訳は手抜きでよすね(笑)。キーワードを訳していない。

 英語が苦手な私がエラそうに言うのもなんですが、「submissive」とは、「服従する、言いなりになる」という意味ですよね。submit されっぱなしなニュアンスです。わかりやすく言うと「M」。SMのMです(笑)。

 たしかに、日本の社会、教育、文化を語るのにちょうどいい言葉ですね。日本人にとっては不名誉ですが。

 高城剛さんも私と対談した時、私の日本人論を聞いて「日本人ってマゾですか?」と言っていました。そうなんですよ。気がついていないけれども、私たちはマゾなのでした。

 つまり、不条理や苦悩に対する耐性が高いのです。場合によっては、それらを苦労話として自慢したり、場合によっては美談にまで仕立ててしまう。

 「もののあはれ」が象徴的ですよね。「もの」とは「苦=思いどおりにならないこと」。「あはれ」とは「諦=あきらめる、明らかにする、納得する」。すなわち「もののあはれ=苦諦」(本居宣長に反抗する私の説です)。

 それは美徳になることもありますが、ことに世界標準からすると単なる「M気質」になってしまうこともあります。

 カズ・ヒロさんには、とてもそれが耐えられなかったのでしょう。そして日本を飛び出した。飛び出すしかなかった。

 最近、私が「日本の教育をぶっ壊す」と言っているのは、カズ・ヒロさんが飛び出さなくても良い、日本国内にもう一つの選択肢を作りたいということです。

 もちろん、旧来の日本の社会システム、文化や教育の価値も十二分にわかっています。ぶっ壊すとは過激ですが、そういうつもりで、もう一本のレールを敷きたいのです。

 実は自分にも「submissive」なところがあります。つまり、自分のそういうところをもぶっ壊したいと思っているワタクシでありました。

| | コメント (0)

2020.02.17

新型コロナウイルス情報 その3

 井厳喜さんの「ワールド・フォーキャスト」を購読しております。藤井さんは、仲小路彰の未来学を受け継いだお一人です。師の薫陶を直接受けてはおられませんが、その思想や方法には仲小路的なものを感じます。

 一昨年でしたか、直接お会いして、仲小路に関する資料などをご覧に入れながらお話しまして、そのことを再確認しました。

 そんな藤井さんが興味深い動画をアップしました。やはり、新型コロナウイルスは「作られたもの」ということですね。

 その他の筋からの情報と統合しますと、アメリカが江沢民勢力を利用して、バイオテロをしかけたということになりましょうか。怖いですね。

 とりあえずこの興味深い話を聴いてみてください。その他の関連動画もぜひどうぞ。

 

| | コメント (0)

«【討論】地方破壊は日本の死