2019.01.16

森達也監督作品 『A2(完全版)』

 日の「A」に娘もかなり衝撃を受けたようなので、続編の「A2」、それも3年前に公開された「完全版」を鑑賞しました。
 作品としては、正直こちらの方が面白かったと思います。オウムの内部というよりも、今回は外部の方に焦点が当てられた、いや、内部と外部との関係の「妙」が上手に表現されていて、それが私たちのよく知る対立と対話の物語に、ある種の興奮や赦しや癒やし、さらには滑稽さまでもが見え隠れしてきます。
 対立という濃厚な接触をしているうちに、いつの間にか友人のようになっていくというのは、よくある物語のパターン。あるいは、たとえば警察という正義が簡単に悪になってしまうという物語。
 そのあたりのあぶり出しのテクニックは見事だと思います。すわなち編集術ですね。御本人も語っていたと思いますが、森さんはかなり意識的に私たちの価値観を揺るがす編集をしています。
 私たちは、映画という時間の流れの中に囚われているうちに、しっかりマインドコントロールされている。それはまさにオウムのテーマそのものでもあるという入れ子構造。すなわち正義もまた洗脳であると。
 森さんの作品には、映画に限らず書物にしても、そういうデプログラムという逆説的な洗脳のシステムがインストールされています。
 ドキュメンタリーだからこそその効果は大きい。現実のように見せかけた「作品」なのですから、それじたいも「FAKE」です。言い方によっては悪質だとも言えます。
 そう、語弊があるのを承知で言うなら、また私自身の得意の語り口のことも棚に上げず言うなら、「正義」のふりをした「悪意」であるとも言えるのです。それもまたオウムの存在そのものに重なります。
 そういう多重構造、多義的な構造こそが、この映画、森作品の魅力であると言えましょう。私は嫌いではありません。
 それにしても、一人ひとりは皆さん、いい人ですね。オウム(アレフ)の皆さんも、警察の皆さんも、マスコミの皆さんも、右翼の皆さんも、住民の皆さんも。それが集団になるとなぜ…そこがこれらかの人類の課題なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.15

森達也監督作品 『A』

 来映画作りに関わりたいと考えている次女と鑑賞。ドキュメンタリーにこそ監督の思想が表現されるということを知ってほしかった。
 バッシングオンリーだったオウム報道の中、あえて中立という立場を取っているかのように見せつつ、結果としてこの映画は相対的にオウムを擁護する形になりました。
 オウムの人たちは純粋な青年たちであり、異常なのは世間の方であるという構図が浮かび上がるようになる。たとえ森さんがそんなことを意図していない、あくまで中立であると言っても、たとえば私のようなオウム世代の人間にとっては、自然にオウムの方にシンパシーがわき、世間に対する違和感が醸成されてしまうように、ある意味たくみに作られています。
 私は完全にオウム世代。オカルトで育ち、バブルに違和感を覚え、仏教に目覚め、正直ギリギリのところでオウムに入信しなかった人間です。いや感覚的にはギリギリとはいえ、現実的な可能性は限りなくゼロでした。なぜなら、私には出家する勇気も根性も全く欠けていたからです。
 そういう意味では今でもオウム真理教という存在や、彼らが起こした様々な事件の評価は、自分の中で定まっていません。
 そのあたりの心情はこちらにも書きました。
 彼らを単純に排除しようとするのは、まさに「殺人」と同じ行為です。出て行け、目の前から消えろ、というのは殺人と同じ発想と言えます。
 昨年、麻原を含む複数の死刑囚の死刑が執行されました。法という国家権力を借りて、ある意味私たちの「排除=殺人」が達成されました。
 さて、それで私(たち)の心の中のオウムは本当に消えたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.14

ファミリーヒストリー『堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~』(NHK)

Th__20190115_102320 にげなく観ていたらよく知った風景が出てきたのでビックリ。
 へえ〜、私の職場のすぐ近くに堺駿二さんが住んでいたとは!
 今回もまたNHKさんの取材力のすごさを痛感する内容でしたね。潤沢な資金と時間、優秀なスタッフのおかげでしょう。私もいくつかNHKさんの番組に出させてもらいましたが、そのたびにいろいろ感心させられてきました。民放さんは民放さんでまた違ったすごさを感じますが。
 さて、堺正章さんのお父さんである堺駿二さんが主役だった今回のファミリーヒストリー。早川雪洲の懐に飛び込み認められたというのはさすがですね。
 堺正章さんは、そんな偉大なお父さんをある意味で超えたかもしれません。それこそ父親譲りの才能もあったことでしょう。しかしそれよりなにより、堺さん父子の時代を読む力、笑いをベースにした利他精神、そしてお人柄こそが成功の要因だった。まあ、それもまた才能(タレント)ということでしょうけれど。
 堺駿二さんが富士吉田に住んだのは昭和15年とか16年とかでしょうか。当時月江寺界隈は瑞穂村が下吉田町になったばかり。戦争の影もちらつき始めていましたが、織物産業でかなり盛っていた時代です。そんなこともあって堺駿二さんは商売になると考えたのでしょう。
 戦争が始まると、下吉田の織物業は厳しい状況になります。絹織物は奢侈とされ、織機は金属として接収されていきます。そんな空気も感じたのでしょう。堺さんは昭和17年に東京に戻り役者業を再開します。
 まあそれにしても、ウチの学校(当時はまだありませんでしたが)の目と鼻の先に昭和の名役者が住んでいたとは。面白いですね。ちなみに正章さんは戦後の生まれですから富士吉田とは直接縁はありません。
 戦後、下吉田の織物業は輸出増に伴い、ガチャマン時代と言われる隆盛期を迎えます。映画館も昭和30年台には、下吉田だけでも銀嶺シネマ、松竹館、富士国際劇場、武蔵野大映、富士映画劇場と5館が林立していました。一つもなくなってしまった今からすると信じられないですね。こんな狭い地域に5館ですよ。きっと、堺駿二さんの出演した映画もたくさん上映されていたことでしょう。
 今回の堺駿二さんの富士吉田居住情報には、ユリ・ゲラーさんの富士吉田居住情報なみにびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

「平成」(という言葉)を振り返る…

 日は中学校の推薦入試でした。毎年のことですが、国語の入試問題は私が本文から作ります。そう、小学生が読めて問題にしやすい文章を見つけるのは非常に難しいので、それなら両方の条件を満たす文を自分で書いてしまったほうがずっと楽です。ある意味ずるい作問方法かもしれませんね。
 今年もその本文をここで紹介します。今年のテーマは「平成」です。ではどうぞ。


  まもなく「平成」という時代が終わります。「平成」という元号は、中国の古い書物の中にある「内平外成(内平かに外成る)」、「地平天成(地平かに天成る)」から取ったもので、国の内外も天地も平和でありますようにという願いがこめられていました。
 実際の平成時代は、国内外ともにテロがあったり、大きな自然災害があったりと、なかなか願いどおりにはなりませんでした。
 とはいえ、一つ前の「昭和」の時代や、その前の「大正」、さらにその前の「明治」の時代には、二つの世界大戦や日清・日露戦争などがありましたから、それにくらべれば平和な時代だったと言えるかもしれません。
 そんな「平成」を、今日は漢字の視点から見直してみましょう。
 「平」という漢字は、音読みでは「へい・びょう」と読みます。「平成」や「平行」、「公平」のように「へい」と読むことがほとんどです。ほんの少しだけ「びょう」と読む場合がありますが、みなさんの頭の中には「男女平等」などという時の「平等」という熟語しか浮かんでこないのではないでしょうか。
 一方、訓読みでは「たいら・ひら」と読みます。「ひら」と読む例としては「平泳ぎ」や「平社員」、「平謝り」、「平仮名」、そして苗字の「平井」「大平」などが浮かぶでしょうか。
 「平」という漢字は、もともと「干」の中に「八」が描かれた象形文字(実際の物の形をかたどった文字)です。
Th_159647 「干」は木を削る道具で、「八」は削りカスが飛び散る様子を表しています。古い中国の文字にはこんなものもあります。削りカスが多めですね。
 このように「平」は、道具を使ってデコボコをなくすことを意味する文字です。つまり、最初から「たいら」なのではなく、私たちが意志をもって「たいら」にしなければならないのです。
 これを「平和」にあてはめてみますと、「平和」とはただ待っていても訪れるものではない、意志をもって戦争や災害というデコボコをなくしていかなければならないということになります。
 ここで「成」の方に目を移してみましょう。この「成」という漢字は案外筆順(書き順)が難しい。みなさんは正しい筆順で書いているでしょうか。
 「成」の音読みは「せい・じょう」、訓読みは「な(る)・な(す)」です。音読みで「じょう」と読むのは、仏教の言葉である場合が多い。たとえば「成仏」です。「成就」も元々は仏教の言葉として輸入されました。
 さて、訓読みはどうでしょうか。この文章の冒頭に「内平外成(内平かに外成る)」、「地平天成(地平かに天成る)」と書きましたが、ここでの「成る」は「平」と同じようなイメージで使われています。「成」は「完成する」「できあがる」という意味です。つまり、人間が意志をもって何かをなしとげたことを意味しているわけですね。
 そうしますと、「平成」とは、「デコボコを削り落としてできあがる」、「平和・公平・平等を私たちの意志で完成させる」という意味だということがわかります。
 「平成」という元号は、昭和という時代が終わる時に考案されました。つまり、昭和の人々の願いがこめられているということですね。大きな戦争や差別、不平等があった時代だったからこその願いだと言えるでしょう。
  では、平成を生きてきた私たちは「平和・公平・平等が完成する」ように意志をもって努力したでしょうか。はたして昭和の人たちの願いをしっかり受けついだのでしょうか。
 たしかに平成は戦争のない時代でした。そういう意味では、たくさんの歴史のデコボコを平らにならしたかもしれません。しかし、一方で私たちは新しいデコボコを作り出してしまったとも言えます。
 平成を象徴するのはインターネットです。インターネットにより、私たちは世界の人たちと瞬時につながることができるようになりました。それによって便利になったこと、公平になったこともたくさんありますが、一方で、身近な人との関係が希薄になってしまったり、ぎくしゃくしてしまったりしたのも事実です。
 平成という時代は今年の四月で終わります。次の元号は何になるのでしょうか。楽しみですね。どんな願いがこめられるのでしょう。
 五月の一日に新しい時代が始まるからといって、「平成」への挑戦が終わるわけではありません。次の時代を作るのは、平成時代に生まれたみなさんです。ぜひ、本当の「平成」の精神で、平和や公平、平等を完成させてほしいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.12

England Dan & John Ford Coley 『We'll Never Have to Say Goodbye Again』

 と1曲だけ紹介させてください。1978年、ワタクシ中学2年生の時のお気に入り。中二病極まれリ(笑)。
 実はこの曲が発表された頃、私は東京から静岡へ転校しました。人生唯一の転校です。東京の石川台中学校での1年間は友だちや先生方にも恵まれ(大村はま先生にも教えていただきました!)とても楽しく、正直転校したくなかったという記憶があります。転校する寸前にちょっとした恋などもありまして(笑)、「goodbye」がとても辛く切ないワードになっておりました。
 そんな中で、まず私の心に響いた名曲が、デビッド・ゲイツの「グッバイ・ガール」。これがいい曲でしてね。大人になって映画「グッバイガール」も観ましたが、それがまた良くて…(こちら参照)。
 そうだ、せっかくだから、「グッバイ・ガール」も紹介しましょう。おお、こんなTVショウでの演奏があったんだ。これは貴重ですね。インタビューもある。

 この「グッバイ・ガール」が全米15位になったのが4月15日。3月くらいからチャートに載っていましたから、まさにワタクシの転校にかぶっております。
 そして、4月から5月にかけてヒットしたのが、イングランド・ダン & ジョン・フォード・コーリーの「We'll Never Have to Say Goodbye Again」です。
 この曲、このたび調べてみて初めて知ったのですが、カバーなんですね。元歌の歌手は全然知らない人です。1976年の作品ということです。シンプルですがいい曲ですよね。
 これを車の中で聴いていたら、高1の次女が「いい曲だね」と言ってくれました。なんとも嬉しいですね。
 ちなみに静岡の安東中学校に転校しましたところ、そこはそこでとってもいい友だちに恵まれましてまたまた楽しい中二病ライフを味わうことになりました。音楽を聴く中でヴァイオリンも始めたりもして、今のワタクシを形成する重要なファクターが培われることになりました。
 そして、1年後、イエモンの吉井和哉くんが入学してきて、そしてそして30年後に思わぬところで再会するという…不思議なご縁も生まれてくるのでありました。
 というわけで、ごく個人的な音楽体験を紹介させていただきました。いやあ、音楽っていいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.11

Chris Rea 『Fool (If You Think It's Over)』

 たまた懐かしい洋楽の名曲を。これも1978年。中二病真っ只中のワタクシのお気に入りだった曲。
 当時はアメリカのヒット曲をFEN(極東放送)で聴いておりました。だからAM音質で記憶されています。こうしてきれいな音で聴くと、なんだか照れくさくなってしまうから不思議ですね。
 クリス・レアという人についても、当時は全然わからず、もちろん歌詞もわからず、声からもっとおじさんだと思っていたら、当時まだ27歳くらいなんですね。
 ウチのカミさんとは10歳くらい年が離れているので、微妙に洋楽の好みが違うのですが、この曲はなぜかお互い大好きということで一致しました。彼女はどこでクリス・レアを知ったのでしょう。私がこの曲について超リアルタイムだと知ってなぜか悔しがっていましたっけ。
 しかし、こうして久しぶりに聴いてみますと、アレンジが素晴らしいですね。たしかに曲自体は単調といえば単調です。それをここまで聞かせるのはやはりアレンジの妙でしょう。
 特にこの年になって分かったのは、ベースの素晴らしさですね。誰が弾いているのでしょう。ストリングスやサックスのアレンジも絶妙ですよね。スタジオ・ライブ映像を見てもよくわかりません。

 繰り返しますが、当時の中2ってませてましたね(自分だろ)。ブラックコーヒーとか無理して飲みながら、こんなの聴いてたんでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.10

Kenny Loggins & Stevie Nicks 『Whenever I Call You Friend』

 日に続き懐かしい洋楽を一曲。うわぁ、これ30年ぶりくらいに聴いたかも。これも好きだったなあ。中二の私ってホント中二病でしたね(笑)。なんだかんだ好きな曲がアダルト・コンテンポラリーです。
 いや、当時はバリバリにロックを聴いていたんですが、その合間にこういうのにも酔いしれていたんですね(笑)。今思えばこのころバロック音楽にも出会いますし、意外にジャンルを超えて音楽を楽しんでいたんだなあ…とちょっと感心したりして。
 ちなみにヴァイオリンを始めたのもちょうどこの頃です。うん、偉い!俺!www
 さて、この曲、なにしろ入りのコーラスの美しさですよねえ。今、音楽がいろいろ分かるようになってから聴いても、なかなか複雑な和声とコーラスワークですよ。
 そして、テンポアップしてからのポップさ楽しさも最高ですね。こういう男女デュエットもはやってましたね。
 ケニー・ロギンスも渋いけれども、なんと言ってもフリートウッド・マックで絶頂期だったスティーヴィー・ニックスの歌声がなんとも味わい深いですね。
 ちなみにこの詩と曲は、のちに「あなたしか見えない(Don't cry out loud)」で日本でも有名になるメリサ・マンチェスターとケニー・ロギンスとの共作です。当の二人はデュエットしていないのですが、メリサはメリサで、翌年に黒人男性歌手Arnold McCullerとレコーディングをしています。これもいいですね。こちらはあまりディスコを意識せず、よりソウルに編曲されています。こっちの方がよりアダルトかな。

 ちなみに邦題はあの頃らしく(?)「二人の誓い」でした。そうあの頃の邦題って一つの文化でしたね。けっこうハチャメチャで面白すぎます。邦題作家さんとかいたんでしょうかね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.09

Paul Davis 『 I GO CRAZY』

 日たまたま久しぶりに聴いて、懐かしさのあまり泣けてきてしまった曲がこれ。
 いやあ、便利な時代になりましてね、たとえば私にとって最も心に残っているヒットチャート、1978年のビルボード年間チャートなんかも、YouTubeでまとめて聴くことができたりする。
 ちなみに1978年の年間TOP100はこちらでご確認ください。たとえば今大流行のクイーンの伝説のチャンピオンでさえ25位ですからね。サタデー・ナイト・フィーバーがまさにフィーバーした年。ビージーズ&そのきょうだいたちが異常に活躍した年でした。
 当時はあまりディスコサウンドが好きではなかったのですが、今になるとやっぱり名曲が多かったんだなと思いますし、そうしたディスコサウンドに囲まれていたから、地味なバラードやAORにも佳曲が多いのかとも思います。
 そんな中、日本ではほとんどヒットしなかったけれども、年間12位と大健闘しているのが、ポール・デイヴィスの「アイ・ゴー・クレイジー」です。当時、40週連続チャートインの記録を作っていました。週間順位は最高7位なのに年間で12位というのも納得です。
 中学2年生だった私、こんな渋い曲が好きだったんですね(笑)。学校の廊下でなんちゃって英語で歌いながら歩いていて笑われたこともあります。
 先ほど日本ではほとんどヒットしなかったと言いましたが、数年後映画「なんとなく、クリスタル」のテーマソングになったので、その頃耳にした人たちは多かったかと思います。
 ちなみにクイーンにも同名曲がありますが、まったく別物です。「I go crazy」とは「おかしくなりそう」とかそんな感じなんでしょうか。「うつつを抜かす」、つまり夢中なイメージでしょうか。
 当時はAMラジオでこの曲を聴いてましたから、なんとなくああいう音質で記憶に記録されています。全曲聴くこともなかったしなあ。こうして聴きますと、終わり方がかなりクレイジーですね(笑)。すごい。
 最後にスタジオ・ライヴも観てみましょうか。曲から想像していたイメージと違うおっちゃんでした(笑)。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.08

教師への夢をあきらめた学生たち…

現役教育大生のリアル 競争倍率低下時代における教育の危機
Th__20190109_170337 日の大学の先生との話の中にも、こういう話題が出てきました。その先生は教師教育学を専門に研究されている方です。
 そう、日本には「教師教育」が足りないんですよ。現場を知らない大学教員が教員を育てる。さらに現場を知らない官僚が教育行政の舵取りをしている。ヨーロッパ、特に北欧の現状を教えていただき、ますますそういう日本の状況に危機感を抱きました。
 ちなみに私はバリバリの現役教員ですが、学校の先生業は決して大変だと思っていません。逆に他の職種に比べると甘い部分が多いと思い続けてきましたので、教職がブラックだなんて全く思いません(異常なのでしょうか)。
 もちろん、ウチは私学ですし、私学の中でもウチの学校はいい環境なのでしょうね。それはありがたく思っています。
 ですから、正直内田さんの本をいろいろ読んだりして驚きました。みんなそんなにイヤイヤ先生をやってるんだと。先ほど書いたように、私にとっては全然ブラックではなく(労務形態に限らず総体としてですよ)、逆に楽しいこと、嬉しいこと、感動することに溢れている、ほかにない恵まれた仕事だと思っていたので。
 おっと、自分語りはいいとして、今回の記事はこちらです。

教師への夢をあきらめた学生たち 現役教育大生のリアル 競争倍率低下時代における教育の危機

 うん、たしかに異常なのかもしれない。教員の世界は。そして、それを変えるには行政、大学を変えなければならない。それはたしかにそうでしょう。
 しかし、なんていうかなあ、こういう発信ばかりあると、ますます教員志望の学生が減っちゃいますよね。大変だけれど充実感に満ちた仕事という側面をもっと知ってもらいたい。
 ウチの学校は特別なのかなあ。公立さんなんかはたしかにより管理するされる体制が強化されているようですね。
 それから、昔、こういう記事を書きました。この考えは今でも変わっていません!

「ブラック」はお好き?(コーヒーの話ではありません)

 ブラックコーヒーを選べない珈琲店がはたして正しいのか。それをあえて世間に問いたいと思います。
 さて、この記事の元になった動画があります。こちらのほうがよりリアルにブラック嫌いなマイルド派の皆さんの言葉を聴くことができます。もちろん、私はこの方々の意見も肯定しますよ。ぜひ対話してみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.07

ハーシェルのヴィオラ協奏曲

Th_225pxwilliam_herschel01 日、たまたまある大学の先生にこの話をしました。天王星の発見などで有名な天文学者ウィリアム・ハーシェルが、実は音楽家でもあったという話。
 昔は音楽と科学は完全に同列に扱われていました。音楽が必修だったと言ってもいいでしょう。最近の学問は、哲学、宗教、芸術をやらないからダメという話をしたわけです。
 さて、そのハーシェルの音楽、話すと長くなってしまうのですが、私の人生を大きく変えてくれたんですよ。これはホントに感謝しています。
 というのは、日本ハーシェル協会というのがあってですね、その発足当時に作曲家ハーシェルを紹介する音楽会を企画したんですね。
 で、天文同好会に入っていた大学3年生だったワタクシは、当然のごとくその演奏会に行ったわけです。たぶん1984年のことです。
 その演奏会が開かれた場所が東京は東久留米の聖グレゴリオの家。すでに古楽を愛好しており、古楽器を本格的に始めようとしていた私にとっては、まさに運命の場所でした。
 なにも知らず東京の端っこの教会に着いた私は、演奏会が始まる前に大興奮してしまいました。その聖グレゴリオの家に「グレゴリオ音楽院古楽科」という古楽を勉強できる学校が併設されていたのです。
 当時としては本当に日本で唯一古楽演奏の勉強ができる場所でした。言うまでもなく、私はすぐに入学しました。それから15年近く毎週そこに通うようになったのです。
 ちなみにそのコンサートの演奏者は田崎瑞博さん、川原千真さんらの古典四重奏団(の前身?)でした。もちろん古楽器を使用。本格的な古楽器の演奏を生で聴いたのも、実はその時が初めてだったのです。めちゃくちゃ上手で、そういう意味でも衝撃的だったのを思い出します。
 天文と古楽、今でも私の重要な構成要素です。その二つのライフワークをつないでくれたのがハーシェルだったというわけですね。
 で、その時のプログラムは当時の天文ガイドを見れば分かると思います。記憶はかなり曖昧になっているのですが、中にヴィオラ協奏曲もあったような気がします。えっ?ヴィオラ協奏曲?と思った覚えがあるので。
 その後、残念ながら作曲家としてはマイナーなハーシェルの作品は録音されることもなく、なかなか聴く機会に恵まれませんでした。しかし、今は本当に便利な時代ですね。YouTubeで何曲も聴くことができます。
 今日はそのうち、ヴィオラ協奏曲全3曲を紹介します。当時なんでそんなマニアックな楽譜が手に入ったのかは、こちらに記述がありました。なるほど、そうだったのか。
 ということで、私にとってあまりに大きな意味を持つこのハーシェルのヴィオラ協奏曲。客観的には名曲とは言えないかもしれませんが、いや、私にとっては超名曲です。いつか演奏してみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«秘境 奈良田