2024.06.16

『彼岸花』 小津安二郎 監督作品

Images_20240619100901 日は銀座七丁目で中級セミナー。

 銀座七丁目といえば小津安二郎の愛した中華料理店「東興園」があったところ(火災で消失)。小津はとにかくこの店が好きで、いくつかの作品に登場しています。

 「東京物語」で初めて小津作品に出た香川京子さんも、たまたま行った東興園で小津に出会ったのだそうです。

 さて、小津作品と言えば、久我美子さんが亡くなりましたね。「お早よう」や「彼岸花」で久我さんの美しさは格別でした。

 特に小津初めてのカラー作品となる「彼岸花」での、山本富士子、有馬稲子との共演はまさに美の競演ですね。

 冒頭の東京駅の洒落た(下卑た)会話と、直後の謡「高砂」の高貴さのコントラストからして小津は絶好調です。そして佐分利信、北竜二、中村伸郎と来るからもう(笑)。

 とにかく主役女優三人だけでなく、他の女優、俳優さんたちが素晴らしすぎるのです。本当に最高のヴィルトゥオーゾたちのアンサンブルのごとき幸せな時間が延々と続くのでありました。

 アグファの独特の色味がいいですね。今やAIが勝手に動画を生成する時代になりましたが、小津の作品はの対極にあって永遠に生き続けることでしょう。これからさらに輝くこと間違いありません。ある意味AIに感謝ですよ。

 

| | コメント (0)

2024.06.15

『流浪の月 U-NEXT限定 未公開映像特典』

Img_6293 の日は秋葉原で中級セミナーでした。中級セミナーは内容が決まっていないので何が飛び出すか、自分でもよくわかりません(笑)。

 初級編でもいちおうシナリオのようなものはありますが、毎度アドリブなので微妙な違いが面白いらしく、5回も10回も聴きにくる人がいるくらいです。ありがたや。

 そう考えると、毎回カットされている話もあるわけです。積極的にカットする場合もあるし、泣く泣くカットする場合もあります。

 映画づくりでもそうですね。両方あると思います。

 積極的カットを強く感じ、学ぶことができたのが、昨日の「流浪の月」の「U-NEXT限定 未公開映像特典」。契約者しか観ることができませんがおススメしておきます。

 公開された作品は2時間強。実際に撮影されたものは4時間。つまり半分はカットされているわけですね。

 それらを観せていただきながら、李監督と編集の今井さんの解説を聴けるというぜいたくな特典。

 本当にそれぞれのシーンが良いシーンで、もう一本別の映画ができてしまいそうなクオリティーなのです。監督も「こんなに未公開シーンが充実している映画はない」とおっしゃる。

 それを積極的に捨てるとはいえ、やはり泣く泣くの部分もあるのではないでしょうか。時間と労力を費やした役者さん、スタッフのことを考えるとますます愛おしくなります。

 ただ、監督さんが最後に語ったように、それぞれの公開されなかったシーンの全てが、公開されたシーンに生きていることでしょう。私たちの人生や日常がそうであるように。

 映画に限らず多くの「作品」の、そういった裏側に思いを馳せることも大切でしょう。それは目の前にいる人に対しても同じです。

 そして私たちも自らの人生を編集する、すなわち多くのシーンをカットし捨てて生きていかねばならないのでした。

| | コメント (0)

2024.06.14

『流浪の月』李相日 監督作品

20240615-90020
 パホテルに泊まると必ず1本は映画を観ます。無料ですからね。先日観たのがこちら。

 う〜ん、なんともやるせない作品ですね。

 ずっとすれ違い続ける辛さ。だったら出会わなければよかった。永遠に解決しないということで言えば、私の夢「女子会に参加すること」と同じですな(笑)。

 原作者の凪良ゆうさんはBL作家として活躍していますが、小説「流浪の月」(本屋大賞受賞)にもその経験が活かされていると感じました。BLもまた永遠に解決できない(幸せになれない?)世界ですからね。

 その切なさを男女で描くとなると、たしかにこういう形になるのか。

 ロリコンにせよ、BLにせよ、私の女子会問題にせよ、とにかく性に関することは最初から最後まで実に面倒くさい。今の若者がそれを避けようとするのもわかる気がします。コスパが悪いからでしょう。

 松坂桃李くんも横浜流星くんも広瀬すずさんも、そのあたりの面倒くささを上手に表現してくれていたと思います。

 監督さんもある種の葛藤の中で生きてきた方でしょう。不条理というか、いや世間では条理だから辛いのか。

 

| | コメント (0)

2024.06.13

ヴィオロンチェロ・ピッコロ

Img_6238 日は浜松でセミナー。楽器博物館の上の会議室が会場でした。

 お昼休みに博物館に久しぶりに行ってきましたよ。ちょうどチェンバロのギャラリー・トークがありました。演奏をまじえてわかりやすく説明してくれました。

 それにしてもレクチャーに使われたイギリスの楽器、変な楽器だったな。1791年製ということですから、ある意味モダン楽器だ。

 さて、今回のお目当ては「ヴィオロンチェロ・ピッコロ」でした。

 そう、最近ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを演奏することが多く、先日も、バッハが「ヴィオロンチェロ・ピッコロ」を指定した曲を演奏させていただきましたっけ。

 チェロ・ピッコロとスパッラ、そしてヴィオラ・ポンポーザの関係は正直謎です。もしかすると全部同じ楽器かもしれない。ハンド・バスっていうのもあるしなあ。

 まあとにかく、当時、特にチェロは定型化していなかったので、いろいろな可能性があって一つの答えを求めること自体間違っているのかもしれません。

Img_6241 で、浜松市楽器博物館が所蔵する「ヴィオロンチェロ・ピッコロ」がこれ。ヴェネツィアのマッテオ・ゴフリラー製作。1720年くらい。

 ゴフリラーはチェロの名工の一人ですね。カザルスやヨーヨー・マも彼の楽器を使っていました。そんな彼が5弦のピッコロを作っているんですね。それが浜松にある。

Img_62421_20240615095601 大きさ的にはスパッラと同じくらいでしょうか。見た感じでは肩に乗せて弾けそうでした。足で挟むには小さいし、膝の上に置くには大きいかな。

 ストラップを使うのは私からすると邪道なので、やはり肩に乗せて弾きたいところです。一度弾いてみたいですね。どんな音がするのでしょうか。 

| | コメント (0)

2024.06.12

スズキ歴史館

Img_6190 日はとうとう浜松の「スズキ歴史館」に行ってきました。もうずっとずっと行きたかったのに、なかなか機会がなかったのです。

 そして今日、浜松で時間がありましたので、ゆ〜っくり見学してきましたよ。いやあ、面白かったなあ。楽しかったなあ。萌え萌えでした。

 まず2階は今の車作りの現場の紹介から。もうすでにワクワクです。FANUCのロボットも活躍しておりました。

 さらに世界の工場の紹介から、遠州が生んだ歴史的発明家・技術者たちの紹介へ。遠州すごいな。

 そして3階。ここがスズキマニアにはたまらない。

 まず、ワタクシ的にはスズキのルーツである「鈴木式織機」が萌え萌え。鈴木道雄の杼箱上下器、なかなかすごいメカニズムですね。

Img_6192 そしてスズライトやコレダはもう鼻血もの。たくさん写真鶏ましたがキリがないので、あえてのフロンテ800だけ載せます。FF2サイクル3気筒。曲面ガラスのデザインが現代的。もっと売れてほしかったなあ。というか、今このデザインで出してほしい!

 その他、私の青春を飾った名車たち、フロンテSSや初代アルトやジムニー、カルタスからX90まで、まあ懐かしいことこの上ない。いい車が多かったなあ。

Img_6198 あっそうそう、二輪のこと忘れてた。やはりこれでしょう。幻のRE-5。母の友人が設計したんですよ、このロータリーエンジンバイク。茶筒と言われたメーター部分、初めてちゃんと見ました。カッコいい!

 スズキは個性が立っていていいですね。デザインだけでなく、メカに関してもそうです。

Img_6200 また、初代アルトのような画期的なコンセプトも良い。時々迷車があるのも良い(笑)。

 大きな中小企業であり続けてほしいですね。私は一生スズキに乗り続けますよ。

 スズキ歴史館、これはまた行かねば。何度行っても楽しいことでしょう!いつか本社の見学もしたいなあ。

 スズキ歴史館公式

| | コメント (0)

2024.06.11

両手ますかけ

Img_6235 日は(またまた)岡崎にてセミナー。今年になってから8回目?

 さすがに岡崎に呼ばれすぎです。そしてその意味が最近わかりました。やはり徳川家康案件でした。

 さて、岡崎の六所神社には徳川家康の手形(右手)があります。それを見てもわかるとおり、家康の手相はいわゆる「ますかけ」でした。それも両手。1000人に一人という珍しい手相です。天下取りの手相とも言われております。

 実は、私も「両手ますかけ」なのです。自分で言うのもなんですが、それもかなりキレイな両手ますかけなのです。

 で、さらに今日のセミナー会場のご主人もまた「両手ますかけ」だったのでビックリ。お互い家康の生まれ変わり?w

 両手ますかけ線を持つ人間は、ある意味天才肌だと言われますが、だからこそ波乱万丈の人生を送ることも多いとか。たしかに私も思いがけず家康案件のために後半生は波乱万丈になりそうな予感です。

 そうそうこの前、横浜中華街の怪しい中国人に手相占いやってもらったら、あまりの完璧な両手ますかけに驚いたのか、ちょっとしゃべったら「なんか疲れちゃった」と言ってすぐに終わってしまいました。ほかの人の時はベラベラずっとしゃべってたのに(笑)。

| | コメント (0)

2024.06.10

キヤE195系(ロングレール運搬用)

Img_6103 日、大月駅でキヤE195系に出会いました。突然の通過だったので、写真はこの一枚だけ。知ってたら動画で撮ったのになあ。

 これはロングレール運搬用ですね。空走でしたから、どこかにレールを降ろしてきたのでしょう。150メートルのロングレール、カーブの多い中央本線でどんなふうに運ぶのか、ちょっと不思議な感じさえします。

 このキヤ195系、JR東海が開発したキヤ97系を、JR東日本用に寒冷地仕様などを施して開発された気動車です。

 前部の折りたたみ式のエプロンがかっこいいですよね。これが伸びてレールを降ろしていくわけです。

 なかなか日常では出会いことがないので、ドクターイエローなどとともに「幸せを運ぶ」車両とされています。なにかいいことあるかな?

| | コメント (0)

2024.06.09

Peaceful Oboe: The Baroque Collection

 ーボエは管楽器の中では最も好きな楽器です。それは中学生の時にホリガーの音色に出会ったからでしょうね。

 のちにホリガーの音色が特別であることを知ることになります。あれは一般的なオーボエの音ではなかったと。彼の音色は比較的細くて鋭い。しかし、多くのオーボエの音は豊かでまろやか。

 まあ、その中間もありますし、それは奏者や楽器の個性ということで、基本的にあのダブルリードの音色が好きだということでしょう。

 クラリネットが一般化する以前であったバロック期は、まさにオーボエが花形として活躍した時代です。その甘美な響きに魅せられた作曲家は数しれず。楽器にインスパイアされて多くの美しいメロディーが生まれました。

 自分の経験上思いつく名曲、名旋律が、このアルバムにはほとんど全て含まれています。とても心地よいですね。眠りにつく時のBGMに最適ですなあ。

 個人的には3曲目と4曲目、バッハとテレマンのとても似ている曲が並んでいるのがいいですね。これ、どちらが先なのか微妙なのですが、私はテレマンが先でバッハがそれを発展させたのだと思います。

 冒頭のテーマが似ているだけに、その後の展開に二人の個性が表れていて面白い。どちらもいいですよね〜。

 そして5曲目のアルビノーニへ。まさに中学の時に聴いて衝撃を受けた曲。これがオーボエ音楽の最高峰だと、今でも思います。この演奏もいいですね。

 その後も美しい曲が続きます。ぜひお聴きください。

 

| | コメント (0)

2024.06.08

吉田城と小笠原氏

Tokaido34_yoshida 日は豊橋でセミナー。吉田城のあった豊橋公園の中が会場でした。

 左は広重の描いた吉田城と吉田大橋です。

 最近やたらと岡崎や豊橋に呼ばれると思ったら、全く想定外の家康案件がドンブラコとやってきました。こりゃ大変だぞ!

 初めて豊橋公園に来ましたが、やはりただならぬ情報が降りてきましてビックリいたしました。小笠原と徳川の関係を熟考せよと。

 考えてみると、吉田藩と小笠原氏は切っても切れない関係ですよね。私の先祖が関わっているのです。ウチの家紋は三階菱ですから。

 1645年から1697年までの52年間にわたり、小笠原氏四代が吉田城主を務めています。この時期は幕藩体制の安定期にあたり、吉田宿も大きく発展しました。

 来週はまた岡崎、豊橋、浜松、静岡、上野と家康にまつわる土地をはしごします(させられます)。いったい何がどうなっていくのでしょう。

 

| | コメント (0)

2024.06.07

肥田春充

Img_6143 東での合宿2日目。思わぬ展開の中でまさかの「肥田春充」の名前が!

 コアチューニングの原点は肥田春充の肥田式強健術なんですね。

 肥田春充は山梨県西桂町小沼出身。妻は伊東出身。そして、兄はあの川合信水(初代富士吉田名誉市民)です。

 宗教家・教育者であった川合信水は、綾部る郡是(グンゼ)の教育総理でしたから、出口王仁三郎とも深い関係があります。

 一方、弟の肥田は当初は王仁三郎の鎮魂帰神法については批判的でした。しかし、晩年より霊的になるしたがって王仁三郎にも興味を示していたようです。

 そんな肥田春充の貴重な動く映像がありましたので紹介しましょう。

 西洋的な筋トレとは全く違うメソッド。体型がそれを物語っています。筋骨隆々でなく柔らかそうなところが逆に強さを感じさせますね。

 西桂町はもっと川合信水と肥田春充のことをアピールすべきだと思いますよ。彼らを育てたのはあの自然環境と文化だと思いますから。

 

 

| | コメント (0)

«伊東線